独特の面白さがある! 日本全国のマイナーテーマパーク9選

学生の窓口編集部
2016/01/10
学生トレンド
あとで読む


テーマパークには『東京ディズニーランド』のように超メジャーなところもあれば、ほとんど地元の人しか知らないというマイナーなものもあります。例えば大阪には、東京の人はほとんど知らないでしょうが「ひらパー」こと『ひらかたパーク』があり、地元民に愛されています。そこで今回は、地方にあるお薦めのマイナーテーマパークをご紹介します。

●『白い恋人パーク』(北海道) 工場見学ができる!

こちらは、北海道銘菓「白い恋人」の工場見学ができるテーマパークです。製造工程の一部を3階の通路より見学できます。また「お菓子作り体験工房」では、ハート形の「白い恋人」を作ることができるので、恋人と一緒に行って盛り上がるのにもいいですよ。

⇒『白い恋人パーク』公式サイト
http://www.shiroikoibitopark.jp/

●『大森山ゆうえんち ANIPA』(秋田県) イメージキャラに癒やされる

かわいらしい動物キャラでいっぱいの遊園地です。「キリン フォレストのジェットコースター」や「ネズミ ラセットの宇宙船」など乗り物に動物の名前が付いています。2歳以上から乗ることのできるアトラクションもあるので、小さな子供も楽しめる遊園地です。

※12月~3月の冬季は休業です。

⇒『大森山ゆうえんち ANIPA』公式サイト
http://www.anipa.jp/

●『プラムの国』(群馬県) 怖い洞窟!?

『プラムの国では』は、緑に囲まれた園内で「プラム狩り」を楽しめます。その他にも「恐怖の洞窟」という洞窟内に造られたおばけ屋敷や、小屋の中のうさぎと触れ合える「うさぎと遊ぼう」というコーナーなどがあります。ちなみに「プラム狩り」は期間限定ですので、行く前に公式サイトでチェックしてくださいね。

※1月と2月は休業です。

⇒『プラムの国』公式サイト
http://homepage3.nifty.com/puramunokuni/

●『日本モンキーパーク』(愛知県) サルも見られるの?

遊園地と動物園(サル園)が併設されている非常に珍しいテーマパークです。愛知県民にはおなじみで「モンパ」という略称で親しまれています。遊園地で遊び疲れたら「世界サル類動物園」を訪れるのはいかがでしょうか? 世界最多のサルを飼育しているので珍しいおサルさんにお目にかかれますよ。

※「世界サル類動物園」は遊園地とゲートで行き来できますが、別途入場料が必要です。

⇒『日本モンキーパーク』公式サイト
http://www.japan-monkeypark.jp/

●『淡路ワールドパーク ONOKORO』(兵庫県) 子供から大人まで楽しめる

淡路島にある唯一の遊園地です。「芝すべり」というアトラクションは、人工芝の丘をソリですべるという単純なものですが、童心に帰って夢中になれる魅力があります。また、刺激的な遊びをしたい人には「ジップラインアドベンチャー」がお薦め! これはワイヤーロープと滑車を使って空中を一気に滑走するアトラクション。大人もスポーツ感覚で楽しめます。

⇒『淡路ワールドパーク ONOKORO』公式サイト
http://www.onokoro.jp/

●『レオマワールド』(香川県) ロマンチックな気分に

夜にぜひ来てほしい遊園地です。夜は園内がライトアップされるのでロマンチックな気分に浸れます。お薦めのアトラクションは、「キンダーガーデン レイルロード」です。イルミネーションに彩られた列車に乗って、幻想的な光の景色を見ることができます。恋人同士や、好きな人と行けば二人の距離を縮めることができるかも。

⇒『レオマワールド』公式サイト
http://www.newreomaworld.com/

●『ブラジリアンパーク 鷲羽山(わしゅうざん)ハイランド』(岡山県) ブラジルな気分

本場ブラジルのサンバショーが楽しめるテーマパークです。一日に数回サンバショーが行われているので、時間を合わせて来園するのがいいでしょう。アトラクションでは、海抜200メートルの位置から垂直落下する「ターボドロップ」がお薦め。着席タイプの乗り物ですがステップがないので相当怖いです。でも絶叫マシン好きにはたまらない乗り物です。

⇒『ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド』公式サイト
http://www.w-highland.co.jp/

●『スペースワールド』(福岡県) 5つの曲の中から選ぼう

宇宙をコンセプトにしたテーマパークです。園内にはスペースシャトルが建っていたりと、歩いているだけでも楽しい場所です。こちらのお薦めは「タイタンMAX」という絶叫マシンです。「8の字型」や「らくだのこぶ型」の起伏の激しいコースを疾走します。最大の特徴は音楽を聴きながら乗るところ。搭乗席の安全バーに付いている5つのセレクトボタンで好きな曲が選べます。

⇒『スペースワールド』公式サイト
http://www.spaceworld.co.jp/

●『おきなわワールド』(沖縄県) 歴史と文化を感じよう!

沖縄の自然と文化、歴史が体験できるテーマパーク。昔の町並みを再現した「琉球王国城下町」や伝統芸能である「エイサー」のショーが見られたりするなど、沖縄の空気を堪能することができます。一休みしたいときは園内の「南都酒造所」で地ビールを飲んでリフレッシュしましょう。

⇒『おきなわワールド』公式サイト
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

いかがでしたか? その地方ならではの特徴を利用した施設や、変わったアトラクションがあるテーマパークもあって実に楽しそうですね。近くを訪れても入場したことがなかったという人は、ぜひ一度行ってみてください。

(吉田ハンチング@dcp)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催