目の大きさにも差が出る! アイラインを上手に引くコツ5選

編集部:はまみ
2016/09/13
あとで読む

アイメイクの上手な女性はとにかくアイラインの引き方が上手なもの。今じゃアイメイクにすっかり欠かせなくなったアイラインを日々駆使してメイクしている女性も多いのでは? でも、そんなアイメイクの引き方一つで印象が大きく変わってしまうのも事実。そこで、ここでは上手にアイラインを引く方法などについてご紹介しましょう。

【アイラインの基本的な引き方】

アイラインの引き方は簡単なようで実は奥深いもの。恐らく日々試行錯誤している方も多いんじゃないでしょうか? ただ、難しいと言っても基礎的なことをしっかりマスターしておけば後は応用していくだけ。まずは基本的なやり方を覚えることを目標にしましょう。

■アイライン選び

基本的な引き方をマスターする前に、アイラインにもいくつかの種類があることを覚えておきましょう。それぞれの種類によって引き方が変わってくるので注意が必要です。アイラインには大きく分けてペンシルタイプとリキッドタイプ、ジェルタイプの三つがあります。ペンシルタイプだと直接肌にあててラインを引くので初心者向け。リキッドタイプだとペン先が少々柔らかいですから難しいかもしれません。ジェルタイプは容器の中に入っているインクをブラシで取って描いていくタイプなので初心者は手を出さない方が無難です。

■引き方について


ペンシルタイプのアイラインの引き方ですが、最初に目尻のほうから目の中央あたりまでラインを引きます。初心者は一気にラインを引いてしまいがちですがそれが失敗の元。まつ毛の根元を埋めていくようにちょっとずつやっていくのがポイントです。まぶたを少し引っ張り気味で描いていくとやりやすいですよ。リキッドタイプは逆に中央から目尻のほうへ流していくように使います。また、最初に引いたラインに少しずつ太さを加えていくことで目力たっぷりのアイメイクにすることができます。

最初にお伝えしたように初心者はペンシルタイプを使うのが無難です。慣れてきたらリキッドタイプにチャレンジしてみるとイイですね。ペンシルタイプで引く時のポイントはとにかく一度にやろうとしないこと。少しずつラインを引くことを考えてアイラインを引きましょう。

次のページうまくアイラインを引けない人でも上手に引く方法は?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催