国別! 海外の大学生のキャンパスコーデ&トレンドアイテム

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む



大学にオシャレをして通っているという大学生は多いですよね。実際、日本の大学の近くではオシャレな格好に身を包んだ学生の姿をたくさん目にします。ここでは、海外の大学生から学ぶキャンパスコーデ術をいくつかご紹介しましょう。

【海外大学生のキャンパスコーデ事情】

海外の大学といってもさまざまな学校がありますし、キャンパスコーデ事情も実に多様です。また、日本とは色んな意味で違いがあることが多いのも特徴ですね。ここでは、いくつかの国の大学を例に挙げながらキャンパスコーデをご紹介したいと思います。

■アメリカ

アメリカといっても非常に広いですし、地域によって多少の違いはあるかもしれませんがそこは割愛します。でも、基本的にアメリカの大学ではパンツスタイルが主流のようですよ。実際にアメリカにある大学のホームページなんかを見ると理解できると思いますが、パンツルックの学生が多いことに気が付くはずです。

動きやすい恰好が一番、というのがどうやらアメリカ流のコーデ術のようです。カジュアルなパンツルックが多くて、Tシャツとジーンズだけで充分という考えの学生が多いみたいです。アメリカの方ってスタイルがイイからめっちゃカジュアルな格好でもサマになっちゃうんですよね。もちろん、スカートやワンピースの学生も沢山いるんですが、それでも基本はカジュアルというのがアメリカ流です。

■イギリス

紳士と淑女の国と言われるイギリスはさぞオシャレな格好で通学しているに違いない!と思っている方は多いはず。でも、実際にはイギリスもアメリカと同じようにカジュアルな格好で通学している方が多いみたいです。ジーンズにTシャツ、スニーカーというめちゃくちゃラフな格好でキャンパスライフを楽しんでいる方が多いんですよね。

■オーストラリア

オーストラリアもカジュアルが基本。ただ、基本的に気温の高い国だから女性は露出が多めの格好で通学することも多いみたいです。シングルトップにカラージーンズ、サンダルといういでたちで通学する生徒も沢山いるのだとか。その国の環境によっても随分違いがあるんですね。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催