不動産アドバイザーに聞く! 楽だけど……家具家電付き賃貸部屋のメリット&デメリットとは?

学生の窓口編集部MI
2015/12/11
入学準備・新生活
あとで読む


大学生や引越マニア、転勤族にいま、「家具家電付きの部屋」が人気を集めていると聞きます。「快適で安全なひとり暮らし・女性の暮らし」をモットーに活動する不動産アドバイザーの穂積啓子さんは、

「入居期間が限定されている学生さんや単身赴任の人は、家具家電付きの部屋を探す人が多いのですが、何がどう便利なのか、修理の費用は誰が負担するのかなど、条件をあらかじめ確認してください」と言います。詳しいお話を聞いてみました。

■引越費用が節約できるが、好みの家具家電が選べない

――家具家電付きの部屋には、どのような設備が整っているのでしょうか。

穂積さん 一般に、「ベッド」、「机」、「イス」、「ソファ」、「テレビ」、「テレビボード」、「本棚など小物収納棚」、「冷蔵庫」、「電子レンジ」、「ダイニング用テーブルとイスのセット」、「洗濯機」、「カーテン」、「照明器具」です。それに、一般の部屋でも設置されているケースがある、「エアコン」、「シャワートイレ」、「下駄箱」なども付いています。

つまり、食器や衣類、消耗品以外はたいてい揃っていることになります。

――とても便利そうですが、メリットを具体的に教えてください。

穂積さん 何と言っても「引越が手軽」、「引越にかかる初期費用と時間が節約できる」ということです。家具と家電がそろった部屋にすぐに入居し、通常の生活ができるということですから。

また、「退去時の処分品」を考えなくてよい、処分する作業時間や費用が不要なので、次の部屋へ移転する際の「引越費用と手間」も節約できます。

――家具家電付きの部屋の家賃は、一般の部屋に比べて高いというイメージがありますが、実際にはどうでしょうか。

穂積さん 部屋によってさまざまですが、家具家電付きの部屋とは、駅から少し遠い、買い物が不便、築年数が古いなどの理由で入居率が低いマンションの一室をリニューアルし、家具家電付きのサービスを売りにして入居者募集をするケースがあります。

この場合は、家賃は近隣の相場とそう変わらず、お得感があることが多いです。その条件と、家賃や敷金・礼金の金銭的条件と、駅から遠くて不便などのマイナス点をどう考えるかが部屋選びのポイントになります。

一方、「新築、都心にある、駅から近い、部屋は広い」などと好条件がそろい、さらに家具家電付きであれば当然、一般の部屋の相場よりかなり割高になるでしょう。

「家具家電付き部屋の諸条件と必要費用」と、「家具家電を自分で購入した場合の諸条件と必要費用」、また、「その部屋に何年ぐらい住む予定か」、「次の引越の初期費用の想定」を具体的に計算して検討しましょう。

もちろん家賃以外に、敷金・礼金、管理費、築年数、駅までの距離、間取り、日当たり、生活圏の利便性など、部屋の条件を総合的に考える必要があります。

――家具家電付きの部屋のデメリットを教えてください。

穂積さん 「自分の好みの家具家電が選べない」ことです。メーカー、ブランド、材質、機能、色など、自分で買うときにはあれこれ検討するべき要素を生かせず、与えられたものを使うしかない、ということになります。

あと、設備は新品ではないことが多く、「誰かが使ったモノ」を使うことが多くなります。

――実際に暮らしている人から耳にされたデメリットの声があれば教えてください。

穂積さん 最も多いのが、「テレビの大きさ」です。「37インチ以上が希望だけれど、32インチだった」などです。あと、「色」ですね。「好みの色と違うインテリアだ」という人も多いです。部屋のデザインにこだわりたい人は向いていないかもしれません。

次のページ修理費用を誰が出すかは、契約書の記載が「設備」か「貸与」かによる

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催