片思い女子必見! 意中の男性に想いを伝えるときに大切なこと4つ

学生の窓口編集部
2015/11/30
恋愛
あとで読む

片思いが募って、相手がどう思っているか分からないと、思い切って自分の思いを伝えたい気持ちが高まってどうしようもなくなりますね。しかし、「告白の上手な仕方が分からない」。あるいは、「告白すると今の状態が終わるかもしれない」という恐れ、そして「うまく伝えられるかわからない」という不安で、なかなか勇気がだせない女の子は多いことでしょう。そこで、うまくいく可能性の高い片思い中の女子に最適な告白するときに大切なことをご紹介します。勇気をだせば、世界が変わる可能性があります!

■片思いを伝えるタイミングをよく考えること

今までと、変わらないような通常のお付き合いペースをしているタイミングでの告白は避けましょう。片思い男性が今までよりも会いたがっているタイミングがベストです。しかし、片思いではそのチャンスがないかもしれませんね。その場合は、今までよりも少し積極的に会う回数などを増やしたり、プレゼントをしたりして、その後、少し会うのを控えめにしたタイミングで告白してみましょう。

男性があなたの片思いを、まだよく分かっていないときに効果的です。会う回数をあなたから増やすことで、男性があなたのことを少し意識して、好きなのかなと思わせて、一瞬、引くと男性はがっくりします。そこへストレートに好きですと告白すると、男性は不意を突かれて「YES」回答の可能性が高くなります。不意を突かれるときは防御は弱くなっています。あなたの気持ちが一方的に強いと男性は強気に出るかもしれないので、少し引いたタイミングが効果的です。

■片思いを伝えるのは会って直接伝えること

メールやLINE、手紙での告白は伝えやすいですが、避けましょう。夜の時間帯に人気の少ないところで、目を見て告白しましょう。明るく言うよりも、さみしげな雰囲気できっぱりとあなたがいないとどうしようもないと伝えましょう。男性には、弱々しいもの、頼られてくるものを守りたいという本能を持っているので効果的な告白方法となるからです。

■片思いを伝えるときの服装や口調に注意すること

告白を男性に真剣に受け取ってもらうには、普段と同じ話し方や服装でない方が効果的です。普段の延長のような言動とシチュエーションでは、片思いの男性が、まだ友達でいたいと思っているときに軽く受け流されてしまいます。

■告白は今までの会話よりもずっと距離を縮めて行うこと

告白は相手の心に入っていく必要があります。人間は、相手がある以上の距離に近づくと不快に感じるパーソナルスペースというものがあります。逆に言うと、遠い距離から告白されても、何も感じない、心に届かない可能性が生じます。親密であれば、このパーソナルスペースはゼロに近づきます。あなたの告白を意識させ、そして近づくことでパーソナルスペースが縮まれば告白の効果は極めて高くなります。

男性に思いを伝えるときに大切なことは、どういうセリフで言うかではなく、どのように告白するための行動を行うかです。ここで紹介した片思いをうまく伝えるために告白をするときの大切なことを実行することで、成功する可能性がきっと高まることでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催