夫婦なのに「別れたい」と思ってしまった時の対処法5つ

編集部:はまみ
2015/11/27
恋愛
あとで読む

一見仲が良く見える夫婦でも、時には「別れたい」と考えることがあるものです。勢いに任せて離婚してしまうカップルもいますが、一度は愛し合って結婚したのですから、できれば冷静になって考えた方がよい場合もあります。夫婦が別れたいと感じた時に、見直すべきこととはどのようなことなのでしょうか

■なぜ関係が壊れたのか考える

「別れたい」と思っても、歩み寄ることで修復可能という場合もあります。まず、なぜ関係が壊れたのか冷静に振り返ってみましょう。離婚を考える夫婦は、コミュニケーション不足で意思の疎通ができていないということが多いもの。別れる前に、お互いが考えていることや不満に思っていることを話し合う場が必要です。信頼関係が壊れている夫婦は、なぜ信頼できなくなってしまったのか考えましょう。

■関係を修復できるかどうか見直してみる

壊れてしまった関係を修復する方法がないか、見直してみましょう。夫婦の不満はどちらか一方が原因ということは少ないもの。思いやりを持って接することで、それまで不満に思っていたことも大したことではないと感じられるようになることもあります。違う人間が一緒に暮らす以上、価値観などが違うのは当たり前。これは受け入れられないということは話し合いで解決する努力も必要です。もし別れることを迷っているのなら、お互いに歩み寄り、関係を修復する方向で話し合ってみましょう。

■自分のことを見直す

別れたいと考え始めると、相手の不満な点ばかり目についてしまいます。しかし、自分はどうなのかということを見直すことも大切です。知らないうちに相手を傷つけていないか、やってもらうことを当たり前だと思っていないか、自分自身にも問題がなかったか考えてみましょう。

■ローンや生活費などお金のことを見直す

実際に別れるとなると問題になるのが、金銭面のことです。住宅ローンがあればその支払いはどうなるのか、借金などはないか見直してみましょう。離婚の場合は財産分与や養育費のことも考えなくてはなりません。収入のない専業主婦やパートでわずかな収入しかないという場合は、別れた後の生活費や住む場所をどうするのかといったことも考える必要があります。

■子供のことを見直す

夫婦の間に子供がいる場合は、子供の親権や養育費、氏の変更、転校などの問題が出てきます。子供への虐待などがあればすぐにでも別れるべきですが、そうでなければ子供の心への影響も考慮しなくてはなりません。別れることで親子幸せに暮らせるかどうかも見直してみましょう。

「別れたい」というのは誰もが一度は考えることなのではないでしょうか。それでも話し合い、譲り合って関係を修復しながら夫婦を続けていくのも意味のあること。後から振り返ってみて後悔しないように、離婚は十分考慮してから決めたいものです。これらのことを見直してみて、それでもやはり別れるしかないということになれば夫婦解消という選択もよいでしょう。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催