幸せな夫婦は実践してる!夫婦生活が楽しくなる習慣3つ

編集部:はまみ
2015/11/28
恋愛
あとで読む

結婚はもともと赤の他人同士だった人間が一緒になり、その後の人生を共に歩んでいくものです。壁や問題にぶちあたることもありますし、うまくいかない時期がやってくるのも当然のことです。しかし、ちょっとした意識付けや工夫しだいで充実したすばらしいものにすることができます。今回は幸福度の高い夫婦でいるために欠かせない3つのポイントをご紹介します。

■お互いの時間を楽しむ

夫婦で居られる時間は長いようで意外と短いです。お互いが一緒にいて話をする、行動を共にする時間は限られています。ですから一秒一秒を噛みしめるように今という時間を精一杯楽しみましょう。日常のちょっとした出来事もアイデア次第ではより充実したものにできるでしょうし、週末や連休にはできるだけ思い出に残るイベントを考えるようにしましょう。記憶に残る思い出の数で人生の幸福度は変わってくるのです。一度しか訪れない今という時間を精一杯楽しみましょう。

■上手なケンカを忘れずに

どんなに仲の良い気の合う夫婦であっても価値観や考え方の違いは出てくるものです。それでも良い夫婦はケンカすらも上手にやりこなし、ケンカのプロセスを通してお互いの理解を深め結果的により良い関係を作り上げたりもします。そこで重要になってくるのが言葉のチョイスです。アメリカのある大学の調査によると、良い夫婦は話し合いの中で「私」「俺」ではなく「私たち」とか「俺たち」というようなパートナーとして一体であるような複数形を使う表現が効果的という結果が出ています。その方がケンカの後のストレスを軽減させてくれますし、相反するムードを回避することができるようになります。

■互いに前向きに学び、成長する姿勢を忘れずに

幸せな夫婦ほどお互いに対して尊敬や愛情、教官するということに関心を持っており、常にお互いの人生に何が起こっているか?ということを気にかけています。衝突が起こったり何かでぶつかったりした時に離婚する夫婦の間では否定的な言動が多いのに対し、幸福度で満たされている夫婦の間ではネガティブな発言の数倍のポジティブ発言をするとも言われています。いかなる状況でも夫婦は互いに前向きなスタンスで物事を学び成長していかなければならないのです。

幸せな夫婦で居続けるためには多くの努力や理解が必要ですが、長く連れ添っている夫婦に共通していることの一つに「ロマンス」を大切にし、持ち続けることが重要とも言われています。簡単なことですが週に一度はデートし、定期的なロマンティックな機会を設けるなどささいな日常を楽しむ創意工夫が得意な夫婦ほど良い関係性が保たれているのでしょう。ここで紹介した内容はいずれもとてもシンプルなことばかりです。今日から実践できることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催