ずっとラブラブでいたい! ホットな恋愛を長続きさせるために大切なこと4つ

学生の窓口編集部
2015/11/26
恋愛
あとで読む

せっかく好きな人と付き合えることになったら、その次はどうやったら長くラブラブでいられるのか考え始めますよね。それでもすぐに別れてしまうカップルは多いものです。そうならないように、どうすれば恋愛関係を長続きさせることができるのか、そのコツをまとめました。

■わがまま・自分勝手に気をつける

相手との関係に慣れてきたからといって、わがままばかり言ったり自分勝手になったりしていませんか?ありのままの自分を素直に出すことは必要です。自分らしい考え方や生活の仕方を相手に見てもらい、好きになってもらわないと恋は長続きしないでしょう。好きになってもらおうと、自分を抑えたり飾ったりしていると疲れてしまいます。ですが、それと相手への思いやりを忘れてしまうことは別問題です。自分勝手なことを言ったりしたりしていないか、相手の立場に立って自分を見直す姿勢が大事です!

■自分が悪いときは謝る

ケンカをしたあと、自分が悪かったと思ったとき、「ごめんなさい」とちゃんと謝れていますか? 恋愛関係もしばらく経つと、馴れ合いになって言わなくても分かってくれるだろうと謝らなかったり、自分の意地や照れのために相手への礼儀を怠ったりしてしまいがちです。ですが、その行動で相手は、あなたのことをこういう人なんだと判断したり、うんざりしたり、最悪の場合は別れるべき理由としてカウントしているかもしれません。大人になって、自分の意地より相手の気持ちを優先させることを心がけましょう。

■笑い合えること

笑いは人間の精神的にも、体の健康にも良い影響を与えます。その笑いを恋人と共有できたら相手への愛着が高まり、恋愛関係はより強い絆となります。お笑い番組を一緒に見たり、自分が見て面白かったテレビや映画のワンシーンをYoutubeで見せ合ったり。そうすることで後々まで、それについて話して笑い合うことができます。他の人とは共有していない笑いを恋人と共有していれば、親密度もぐんと高まります。

■束縛しすぎない

常にお互い束縛しあっていては息が詰まってしまいます。恋愛関係になると相手に依存し、つねに連絡が取れないと不安になってしまう人もいます。二人ともがそのタイプならいいのですが、一方だけが束縛したいタイプだと相手を疲れさせ、別れたくなってしまうことさえあります。恋愛を人生の中心に持ってくるのをやめて他のことを楽しんだり、勉強や趣味にもっと時間を割いたり、独立心を持つことも大事です。

わがままや束縛に気をつけたり、ちゃんと誤るようにしたり…恋を長続きさせるには結局、相手を思いやる姿勢を忘れない事が必要です。それでも気負いすぎることなく、自然に思いやれるようになればずっとラブラブでいられる関係ができるはずです!

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催