うざがられずに「会いたい」とメールで伝える方法5選

学生の窓口編集部
2015/11/26
恋愛
あとで読む

好きな人に会いたい時、その気持ちを伝えたいけど嫌われてしまったらどうしようと思って悩んでしまいませんか。そんなあなたに、うざがられずに会いたい気持ちを伝えるためのメールの一部をご紹介します。ぜひ活用してみてくださいね。

■「明日の授業終わりに会いたいんだけど、どうかな?」

会いたいという気持ちと好きという気持ちが入り混じってしまい、ついつい長めのメールを送ってしまいがちです。けれど、長いメールは読みにくく、返信もしづらいものです。特に改行のないメールはうざがられてしまっても仕方ありません。お誘いメールはできるだけ短く、明るくシンプルに作りましょう。「明日の授業終わりに会いたいんだけど、どうかな?」といった、分かりやすいメールがいいですね。

■「明日、用事で近くまで行くんだけど、少し会えないかな?」

少しだけでも会いたいという気持ちが伝わってきます。遠くからわざわざ会いに来るといったわけではないので、相手ももし会えなくても断りやすく、お誘いメールとしておすすめです。もしも用事がなくても、演出すればOKです。会えた場合は、「今度はゆっくり会いたいな」と素直な気持ちを伝えてみましょう。忙しい彼も会える時間を作ろうと考えてくれるはずです。

■「会いたいんだけど、忙しいかな?」

会いたくてたまらない、でも彼は忙しい。そんな彼の状況を考えつつ、自分の気持ちを伝えるのにぴったりなメールです。彼氏や彼女の関係でも、相手を思いやることは大切です。彼が試験やサークルなどで忙しくなさそうな、落ち着いた時期を見計らって送ってみましょう。朝早くや夜遅くのメールは迷惑です、送る時間帯にも気を付けましょうね。

■「メールより、直接声が聞きたいな」

いつもメールでのやりとりをしているふたりにおすすめです。寂しいという気持ちと会いたいという気持ちが可愛く伝わりますね。「明日のお昼休みに会えない?」「週末に少しだけでも会えない?」と具体的な日時を提案してみてもいいでしょう。あくまでも重すぎないように、寂しい気持ちを伝えるところがポイントです。

■「明日、会えたら嬉しいな!」

素直な気持ちを伝えてみましょう!彼氏彼女だからいつでも一緒にいられるものだという考えはNGです。会えたらそれだけで嬉しいという気持ちでメールを送りましょう。明るい印象のメールなので、彼も嫌な気持ちにはならないはずですよ。可愛く絵文字も一緒に送信しましょう。でも、絵文字の使い過ぎには注意しましょうね。

うざがられずに会いたいと伝える方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?あなたの素直な気持ちを伝えることはとても大切なこと。勇気を振り絞ってメールでお誘いをしてみましょう。うざがられないためにも、会えたら嬉しいなという気持ちを忘れずにいることが大切ですよ。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催