【男女別】異性からメールをもらったら嬉しい瞬間っていつ?

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

私たちは日常生活における多くのことを携帯電話やスマートフォンの機能を介して利用するようになってきました。今や恋愛のきっかけや発展もそれらの機能やアプリなどを通して行うことも当然のことです。とりわけ恋愛に関してはきっかけのひとつにメールを使うこともあります。今回はそんなあなたの恋愛を加速させるべく、異性に送るメールテクニックと相手を喜ばせるタイミングについてまとめてみました! ぜひ、ご参考にしてみてください。

■もらって嬉しいのは言葉に隠された思いやり

男女問わず異性からもらって嬉しいメールの内容はそれが自分に対する気遣いだった時です。例えば「昨日、ちょっと元気がないように感じたけど大丈夫?」とかそれに対して「何か自分にできることはないだろうか?」といったような気遣いや思いやりを感じさせる内容には少なからず心を動かされてしまいます。例えば女性の立場では、会っていた時には言ってもらえなかったけれど、その場で言葉で伝えられなかったことや聞けなかったことを後から代弁してくれるのがメールです。また男性の立場でも何気ないことを褒められたり、カッコよかったなどという言葉をもらえれば、嬉しい気持ちにさせてくれます。また辛い時や悩んでいる時に自身のことを気遣ってくれるのは嬉しいことですし、そのちょっとした時にさりげなく思いやりのある言葉をもらったりしたら相手に恋心を抱いてしまうのは当然のことかもしれません。

■不安や悩みを抱いている時のメール

人は誰でも悩みや憂鬱な気持ちを抱くことがあるものです。例えばテストやゼミの発表を控えた朝は緊張や憂鬱な気持ちを感じることもあるでしょう。そんな時に明るく前向きなメールをもらったらどうでしょうか?男性からであれば、女性のポテンシャルに対して自信を高めるないよう、また女性からであれば、男性の頑張りを賞賛して結果に繋げられる自信になるような内容が効果的です。このようなメッセージは互いの気持ちを前向きにするだけでなく、その場の雰囲気を変える効果があるかもしれません。どのような場面でも前向きな言葉は重ぐるしい雰囲気を一新できる効果があります。

■面として言えないことをメールで伝えてみよう!

男女間の間においては面として向かった時に言えないことってありませんか?それを素直な気持ちで伝えられるのがメールだったりしますよね。もし誰かに言いたいことがあったら素直な気持ちで伝えてみましょう。シンプルな言葉ほど伝わりやすいですし、受け取る相手にとってもうれしいものだったりします。逆にメールだからこそ伝わる言葉もあるはずです。言葉ではなくメールにすることで思いは形として残ります。そんな気持ちの伝え方も良いアイデアになりそうです。

何か気持ちを伝える時、それがダイレクトな言葉であってもメールであっても素直な思いであればうれしいものです。しかし伝える内容によって伝え方の方法やそのタイミングが考慮する必要があります。相手がどの伝え方でどのタイミングで伝えるとより喜んでくれるか考えてみることが大切です。また人間は男女間の特性がありますので、互いの長所や人間性を尊重する内容は相手を喜ばせるキーワードになります。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催