【社会人の本音】人生のピークはいつだった? 最多は青春の「高校時代」

学生の窓口編集部
2015/10/28
生き方を知る
あとで読む


生まれてから死ぬまで、人生の絶頂期が続けば良いのですが、なかなかそうはいきません。やはり、人間の一生には浮き沈みがあるもの。そこで、社会人たちに「これまでの人生で、自分がもっとも輝いていたと思う時期」について聞いてみました。「今が一番!」と言える人が多いのか? それとも「過去の栄光」が忘れられない人が多いのか……?

Q.これまでの自分の人生で、一番輝いていたと思うのはいつ?

●1位/高校時代……20.0%

○2位/小学校時代……19.6%

●3位/大学時代……19.1%

○4位/中学校時代……15.9%

●5位/若手社会人時代……10.4%

○6位/社会人5年目以降……7.7%

※単一回答式・7位以下は省略。

■1位/高校時代

・「勉強はできなかったけどスポーツができたから、やたら女子からモテた」(男性/25歳/商社・卸)

・「勉強も恋愛も、すべてが充実していたから」(女性/27歳/その他)

・「気の合う友だちがたくさんできて楽しかったから。バイトでお金もあったので、自由だった」(男性/30歳/学校・教育関連)

■2位/小学校時代

・「毎日が発見で、輝いていたと思う」(女性/37歳/商社・卸)

・「悩みごとが何もなかったので」(女性/37歳/その他)

・「割とみんなの中心だった」(男性/28歳/金属・鉄鋼・化学)

■3位/大学時代

・「学業・サークル・アルバイトと忙しくしていたし、恋人もいたから」(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)

・「研究に勤しみ、結果を出せていたから。友だちにも恵まれていた」(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)

・「たくさん旅行して、バイトもして、資格を取ったり前向きにいろいろやっていた」(女性/27歳/電機)

もっとも多かった回答は「高校時代」でした。人生最大のモテ期だったという人も多い様子。勉強はもちろん、部活や恋愛、バイト、遊びなど、好きなことに打ち込める時期がどれだけ貴重なものだったのか、大人になってからわかるものです。

続いて多かった回答が「小学校時代」。まだ知らないことがたくさんあって、毎日が新鮮。そんなキラキラした毎日は、やはり子ども時代ならではです。

3位は「大学時代」。筆者も、自分が一番輝いていたのは大学時代だと思います。高校の間は部活三昧だったので……。バイトをして、友だちと遊んで、恋もして。そんな大学生活は、まさに青春そのものでした。

みなさんの「一番輝いていた時期」はいつですか? 残念ながらそのころに戻ることはできませんが、キラキラ輝く思い出があるのは素敵なこと。当時の自分に見られても恥ずかしくない人生を歩んでいくために、これからも頑張らないといけませんね。

OFFICE-SANGA 森川ほしの

調査時期:2015年10月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象数:社会人220人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催