食べ飲み放題で3,600円! コスパ良しなお好み焼き屋さんは飲み会・コンパにもオススメ―原宿「さくら亭」

編集部:はまみ
2015/09/06
グルメ
あとで読む

単品メニューで一番人気の「さくら焼き」1,150円

庶民的な食べ物のはずなのに、欲望のままにオーダーするとけっこうなお値段になってしまう、お好み焼きやもんじゃ焼き。食べ盛りの若者なら、値段を気にせず好きなだけ食べられる食べ放題システムのあるお好み焼き屋さんを選ぶのが正解だ。


■キャベツたっぷり、ふっくらヘルシーなお好み焼きが食べ放題!
JR原宿駅竹下口から徒歩8分の場所にあるお好み焼き・もんじゃ屋さん「さくら亭」は、食べ放題コースが充実しているのが最大の魅力。平日でも土日でもオーダーできる「スタンダード食べ放題コース」は、120分で2,100円(別途、一人ワンドリンクの注文が必要)。お好み焼き・もんじゃ・焼きそば・うどんという4種のベースと、22種のトッピングの中から1種ずつ選ぶシステムだ。

■激安で本場大阪の味を満喫できる
このコースに、120分1,500円の2時間飲み放題を付ければ、3,600円という激安価格で食べ飲み放題の宴会が成立してしまう。宴会では、食べ放題で2~3種のタネをミックスして、オリジナルのトッピングを楽しむ人が多い。特にオーダーの多い組み合わせは、お好み焼きなら「豚・イカ・桜えび」。もんじゃでは、定番の「もち・チーズ」のほか、「ベビースター・ポテトチップス」という懐かしの駄菓子屋的味わいも人気。
キャベツとダシがたっぷりでふわっとした口当たりのお好み焼きの生地は、スタッフが本場大阪で味を研究し、試行錯誤の末に生み出したこだわりの配合なのだそう。いくら食べ放題でも、味が微妙だったりヘビーすぎたりしてあまり食べられなかったら意味がないが、この店ではメインのお好み焼きが軽めの食感なので、食べ放題をとことん満喫できる。

店内の壁はアート作品で彩られていて、下町のお好み焼き屋とは一風違った趣。「渋谷界隈ではお好み焼き屋さんが珍しく、アクセスしやすいのもあって、外国人のお客様も多いんですよ」(副店長・菅原さん)。
2階建ての一軒家で席数は多めだが、宴会シーズンには予約でいっぱいになる。お正月前後や歓送迎会の時期は1ヶ月前から、大学の夏休み期間(7月後半~9月頃)は1週間前からの予約が確実。大人数のコンパで使うなら、それ以外の時期も3~4日前には予約したい。

【店舗データ】
店名:さくら亭
所在地:東京都渋谷区神宮前3-20-1 
営業時間:11:00~23:00
ランチタイム11:00~15:00
定休日:なし
HP:http://www.sakuratei.co.jp/
メニューはすべて税込み価格

【その他メニュー】
・サッポロ黒ラベル ジョッキ生480円
・ そばめし900円
・ ランチ食べ放題コース(お好み焼き&もんじゃ):平日1,100円、休日1,250円
※11:00~15:00限定、90分1ドリンク付き、トッピングは平日12種、休日17種

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催