遅延証明書のもらい方まとめ 何分遅れからもらえる? JR、私鉄それぞれの場合をチェック

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

※記事全文を読むには会員登録(無料)が必要となります。

遅延証明書のもらい方についてご紹介します。電車が遅れた時に、鉄道会社から発行されるのが『遅延証明書』。主に、通勤・通学先などの先方に遅刻してしまった場合の理由づけとして用いられます。ですがその場ではバタバタして「うっかりもらい忘れてしまった…!」なんてことも意外に多いのではないでしょうか。しかし諦めないで下さい。今回は、遅延証明書を後で発行してもらう方法や、過去何日前までさかのぼることができるのか、そもそも何分遅れから発行されるのか、について徹底解説。この機会に遅延証明書の仕組みをしっかり押さえ、いざという時に「遅刻扱いになってしまった!」なんてことのないようにしておきましょう。

遅延証明書のもらい方 もらい忘れても大丈夫!

*遅延証明書サンプル ―JR東日本の例*

(引用:JR東日本
形式は各鉄道会社により異なりますが、「日付」や「大まかな時間帯」「遅れ時間」などが記載されています。サイズは小さめのレシート位の大きさです。

この遅延証明書を入手するには、以下のような方法があります。

・駅員さんが配っているものを受け取る
・各駅の改札窓口で発行してもらう
・鉄道会社のHPから印刷する
・自動改札機で発行されたものを取っていく

なんと鉄道会社のHP(ホームページ)からも印刷することができるのですね!通勤時間帯などは混雑していて受け取り損ねてしまうことも考えられますから、これは嬉しいサービスです。
では上記4つの方法について、順番に解説していきます。

駅員さんが配っているものを受け取る

大きな遅延が発生した場合は、直接駅員さんが改札前などで配布していることが多いです。このときに受け取るのが基本のパターン。大きなターミナル駅などでよく見られる光景です。

各駅の改札窓口で発行してもらう

5分程度など遅延証明書がそこまで必要にならない場合、上記のように駅員さんが配布していません。ですが遅延に該当する路線であれば、各駅の改札窓口で発行してもらうことが可能です。ちなみに乗降客数が少なめの駅などではそもそも駅員さんが配布せず、改札付近のボックスにまとめて入れておくようなケースもあります。

鉄道会社のHPから印刷する

その場でもらい忘れた時に便利なのがこれ。各鉄道会社のHP(ホームページ)から遅延証明書を印刷する方法です。過去の遅延状況を確認することができるため、あとあと必要になった時にも便利。電車から降りた直後のドタバタでもらう必要がないため、利用する人が増えてきています。

自動改札機で発行されたものを取っていく

鉄道会社によっては、自動改札機で遅延証明書を発行することも。小田急電鉄が導入している新型の自動改札機は、遅延証明書の発行機能を搭載。既に一部の駅で運用が開始されています。使い方は、電車が遅れた時の自動改札に切符のように「遅延証明書」が飛び出ていますので、必要な人はそれを取っていくという仕組み。これなら窓口が混雑することもなくスマートに受け取ることができますね。まさに新時代の受け取り方法と言えるでしょう。

遅延証明書の過去の分を後で発行してもらうには

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催