遅延証明書のもらい方まとめ 何分遅れからもらえる? JR、私鉄それぞれの場合をチェック

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

遅延証明書のもらい方についてご紹介します。電車が遅れた時に、鉄道会社から発行されるのが『遅延証明書』。主に、通勤・通学先などの先方に遅刻してしまった場合の理由づけとして用いられます。ですがその場ではバタバタして「うっかりもらい忘れてしまった…!」なんてことも意外に多いのではないでしょうか。しかし諦めないで下さい。今回は、遅延証明書を後で発行してもらう方法や、過去何日前までさかのぼることができるのか、そもそも何分遅れから発行されるのか、について徹底解説。この機会に遅延証明書の仕組みをしっかり押さえ、いざという時に「遅刻扱いになってしまった!」なんてことのないようにしておきましょう。

遅延証明書のもらい方 もらい忘れても大丈夫!

*遅延証明書サンプル ―JR東日本の例*

(引用:JR東日本
形式は各鉄道会社により異なりますが、「日付」や「大まかな時間帯」「遅れ時間」などが記載されています。サイズは小さめのレシート位の大きさです。

この遅延証明書を入手するには、以下のような方法があります。

・駅員さんが配っているものを受け取る
・各駅の改札窓口で発行してもらう
・鉄道会社のHPから印刷する
・自動改札機で発行されたものを取っていく

なんと鉄道会社のHP(ホームページ)からも印刷することができるのですね!通勤時間帯などは混雑していて受け取り損ねてしまうことも考えられますから、これは嬉しいサービスです。
では上記4つの方法について、順番に解説していきます。

駅員さんが配っているものを受け取る

大きな遅延が発生した場合は、直接駅員さんが改札前などで配布していることが多いです。このときに受け取るのが基本のパターン。大きなターミナル駅などでよく見られる光景です。

各駅の改札窓口で発行してもらう

5分程度など遅延証明書がそこまで必要にならない場合、上記のように駅員さんが配布していません。ですが遅延に該当する路線であれば、各駅の改札窓口で発行してもらうことが可能です。ちなみに乗降客数が少なめの駅などではそもそも駅員さんが配布せず、改札付近のボックスにまとめて入れておくようなケースもあります。

鉄道会社のHPから印刷する

その場でもらい忘れた時に便利なのがこれ。各鉄道会社のHP(ホームページ)から遅延証明書を印刷する方法です。過去の遅延状況を確認することができるため、あとあと必要になった時にも便利。電車から降りた直後のドタバタでもらう必要がないため、利用する人が増えてきています。

自動改札機で発行されたものを取っていく

鉄道会社によっては、自動改札機で遅延証明書を発行することも。小田急電鉄が導入している新型の自動改札機は、遅延証明書の発行機能を搭載。既に一部の駅で運用が開始されています。使い方は、電車が遅れた時の自動改札に切符のように「遅延証明書」が飛び出ていますので、必要な人はそれを取っていくという仕組み。これなら窓口が混雑することもなくスマートに受け取ることができますね。まさに新時代の受け取り方法と言えるでしょう。

遅延証明書の過去の分を後で発行してもらうには

遅延証明書のもらい忘れなど、過去にさかのぼって必要となることもあるかもしれません。その場合の入手方法は先にご紹介した4つの方法のうち、以下の2つになります。

・各駅の改札窓口で発行してもらう
・鉄道会社のHPから印刷する

各駅の改札窓口でお願いすると、駅員さんが過去の遅延状況を確認したのち遅延証明書を発行してくれます。駅を日常的に利用している方はこちらが便利です。逆に駅の利用機会が少ない方は、鉄道会社のHPからも印刷することができます。「鉄道会社 遅延証明書」と検索してみましょう。パソコンとプリンタ環境のある方はHPの方が早いかもしれませんね。

ただし注意点として、過去にさかのぼることができる日数は各鉄道会社で決まっています。これは2つの方法のどちらを取っても同じ。決まった日数以上にさかのぼることはできませんので、くれぐれもご注意下さい。では次からは、具体的なさかのぼり日数について見ていきましょう。

遅延証明書は何日前の分まで発行できる?

遅延証明書をどこまでさかのぼって発行してもらえるかは、各鉄道会社によって異なります。そこで、一例として首都圏の各鉄道会社HPにある「証明書掲出期間」を以下にまとめてみました。

・JR東日本……過去30日分
・小田急電鉄……遅延発生当日から7日間
・京王電鉄……遅延発生当日を含む8日間分
・西武鉄道……遅延発生当日から35日間
・東武鉄道……遅延発生当日から30日間
・京成電鉄……遅延発生当日を含む35日間分
・東京急行電鉄……遅延発生日を含め1カ月間
・京浜急行電鉄……遅延発生当日を含む7日間分
・東京メトロ……過去35日分
・都営地下鉄……HPの掲載から35日間

最短で7日、最長で35日と鉄道会社によってかなりばらつきがあるようです。掲載期間が短い鉄道会社の場合はできれば早めに発行しておくといいですね。

遅延証明書は何分遅れから発行される?

そもそも遅延証明書は電車が何分遅れると発行されるものなのでしょうか。首都圏の鉄道会社の発行基準を調べてみたところ以下のようになっています。

・JR東日本……JR東日本の対象路線でおおむね5分以上遅れたもの
・小田急電鉄……小田急線の運行が5分以上遅れた場合に発行
・京王電鉄……京王電鉄の社線に5分以上の遅延時間が発生した場合に発行
・西武鉄道……西武線の運行が5分以上遅れた場合に10分単位に切り上げて発行
・東武鉄道……5分以上の遅れが発生した場合に10分単位に切り上げて発行
・京成電鉄……5分以上の遅延時間が発生した場合に発行
・東京急行電鉄……5分以上の遅れが発生した場合に発行
・京浜急行電鉄……該当路線の運行が5分以上遅れた場合に発行
・東京メトロ……5分以上の遅延に対して発行
・都営地下鉄……5分以上の遅延が発生した場合に発行

基本的には、どの鉄道会社も5分以上遅れた場合に発行されるようです。

しかし、運行時間帯によっては遅延証明書が発行されない場合もあります。例えば「小田急電鉄」の場合、24時以降の電車については対象外だったりします。ただ基本的に遅延証明書が必要になるのは、通勤時間帯がメインだと思うのでそこまで気にすることはありませんね。

▼電車の待ち時間・乗車中の時間つぶしにオススメ!
《30日間無料》ドラマ・アニメなど見放題対象約10,000タイトル★TSUTAYA TV!

バスも遅延証明書が発行される

「遅延証明書」と聞くと、やはり電車のイメージが強いと思いますが、実は路線バスでも発行されることがあります。発行方法はバス会社によって異なりますが、

・バス会社に問い合わせFAXで証明書を送ってもらう
・バス会社に問い合わせ郵送してもらう
・営業所や案内所で直接発行

といった方法が挙げられます。例えば『京成バス』は、営業所窓口での発行のほか、FAXや郵送での発行を受け付けています。利用しているバス会社が遅延証明書を発行しているかどうか、またどういった方法で受け取ることができるのかを、あらかじめ確認しておくといいですね。バスは電車と違って道路状況などで到着時間が遅れたりしますから、遅延の確認などが必要となります。その場ですぐに、という訳にはいかないようです。

ここまで、遅延証明書の発行基準やもらい方、過去にさかのぼって発行してもらう方法などをお伝えしてきました。電車通勤・通学をしている人はもちろん、大切な試験を控えている人も、いざという時のために覚えておくと良いでしょう。遅延証明書はあなたの身を助けてくれるもの。仕組みをしっかり押さえて有効活用していきましょう!

▼電車の待ち時間・乗車中の時間つぶしにオススメ!
今すぐ無料で読める漫画やラノベ、多数!国内最大級の総合電子書籍ストアBookLive!

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催