通学証明書とは? 学生証とは違う? 使用するシーンともらい方

学生の窓口編集部(I)
2018/05/23
授業・ゼミ
あとで読む
通学証明書とは

通学証明書とは?


通学証明書は、それを持つものが「交通機関を利用して通学する学生」であることを、学校側が証明する文書です。学生が「定期券」を購入する際には「通学証明書」を提出する必要があります。

この「通学証明書」について、どんな内容が記載されているものなのか、またどのようにして取得すればいいのかについてご紹介します。

▼こちらもチェック!
意外と知らない、遅延証明書のもらい方 何分遅れからもらえる?

通学証明書の内容は?

証明書は大学によって詳細が異なるものの、主に以下のような内容になっています。

・大学名
・学籍番号
・氏名
・年齢
・性別
・通学者の居住地
・通学区間
・大学代表者印

通学定期券は通常の定期料金から割引になるため、不正に使われないよう、こうした証明書を提出する必要があるのです。

通学証明書の他に、「通学定期券購入兼用証明書」という証明書もあります。学生証の裏面が通学定期券購入兼用証明書になっている大学が多く、氏名や住所、通学区間などを記載して、定期購入時に提示します。通学定期券購入兼用証明書がある場合は、通学証明書は必要ありません。

通学証明書を取得するには?


通学証明書は、入学前と入学後では申請方法が異なります。まず、すでに入学した後に取得する場合は、学生課など大学指定の窓口で発行申請を行います。

大学入学前である場合は、

1.入学許可書のコピーや取得者情報が記入済みの通学証明書を準備する
2.必要書類を郵送で送る
3.大学代表者印を押印した通学証明書を返送してもらう

というパターンでの取得が挙げられます。ただし、大学によって取得方法が異なる場合もあるので、必ず大学側に通学証明書を取得したい旨を説明し、取得方法を聞くようにしましょう。

通学証明書は申請から発行まで数日を要することがあります。特に入学前の申請は「郵送⇒発行⇒返送」と時間がかかることが多いので、ぎりぎりになって慌てることがないよう、余裕を持って申請しておくといいですね。

また通学証明書には使用期限が設けられていることもあります。使用期限も大学によって異なりますが、再取得するようなことにならないよう、必ず期限内に使用するようにしましょう。

次のページ通学証明書を利用して定期を発行する方法は

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催