年下彼女はこうやって作れ! 後輩モテする先輩になれるアピール方法4つ

学生の窓口編集部
2015/08/03
恋愛
あとで読む

先輩として後輩にカッコいい場面を見せて印象づけたいものです。後輩が先輩に求めるものをキャッチしながらさりげなくリードしましょう。得意技を披露したり、後輩が悩んでいる時などに助けてあげることで信頼感がうまれ、恋愛感情に発展しやすくなります。早速恋愛のきっかけとなるアピール法をご紹介します。

専門分野のテストや勉強をヘルプする

定期的なテストでわからない問題があったときなど、同じ学部の先輩として後輩を助けようとアプローチしやすくなります。経験がありますのでちょっとした勉強などは簡単に手助けできるはずです。後輩が一人で解決できなかったことを瞬間的に教えてあげることで、先輩への好感度がアップします。後輩が学問に真面目に取り組んでいるなら、尊敬できる先輩として恋愛への感情が生まれやすくなります。

悩んでいる後輩をバックアップする

何か悩んでいる後輩を見たら「どうしたの?」と声をかけてあげましょう。後輩との関係が浅くても気をかけてあげることはありがたく感じるものです。後輩が心を開いて先輩に相談してくれたら、信頼のある人とみなされていることとなります。かわいい後輩が自分を頼りにしているサインですから、後輩が話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。二人の間がぐっと縮まることで恋愛への道のりも近くなります。

得意な技をサークルの後輩に見せる

かっこいいと思われる先輩として、他の人より卓越した技術を後輩に披露すると印象を付けることができます。どんな技でもアッと言わせるようなものであれば、後輩にも一目置いてもらえます。場合によっては先輩のファンになったり、後輩がその技を学びたいなどアプローチされるチャンスが得られることでしょう。スポーツなど体を動かすものなら、さりげなくボディータッチができて親密感がわき、恋愛感情が生まれやすくなります。

後輩の趣味に関心を持って話を盛り上げる

後輩が好きなものはどんなものであっても興味を引くものです。後輩が興味のあるものを話題としているときに、さりげなく会話に入って盛り立てましょう。後輩の知らない情報を教えてあげることで話すきっかけができ、後輩も先輩の話に聞き入ったり質問をしたり会話も弾むでしょう。実際体験できるものなら、イベントなどをチェックして後輩をデートに誘ってみるといいかもしれません。後輩からは頼れる先輩としてフランクな付き合いを始めることができ、ふとすると恋愛感情が湧いていたというパターンになることが多いものです。

先輩としてのプライドとして後輩に好感を持ってもらいたいと思うものです。初対面ではかっこいい場面を見せながら後輩の気を引きましょう。また精神的な面での優しさをアピールすることも後輩にとって頼もしい存在となり、恋愛へつながるきっかけとなります。

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催