2019年10月21日 更新

服を整理しつつおしゃれも楽しみたい! 賢い一人暮らし女子に人気のレンタルサービス

整理すれば、部屋を占領していた服が減って空間を広々と使えるようになります。しかし、せっかく持っているものを処分するのはもったいないと感じ、整理がなかなか進まない場合もあるでしょう。今回は、服の整理がうまくいかない理由や服の減らし方、服を整理したクローゼットとおしゃれを両立させる服のレンタルサービスなどについてご紹介します。

gettyimages (27674)

一人暮らし女子にとって、服の整理は大きな課題!

おしゃれを楽しみたい女子にとって、服はいつの間にか増えて行くもの。しかし、一人暮らしの狭い部屋を広々と使うためには、生活スペースを占拠するほどび広がった服はきちんと整理しなくてはなりません。
服をなかなか減らせないのはどうしてか。また、整理で得られるメリットについても知っておきましょう。

整理したくても服が減らない理由

服を整理できない理由は人によって様々です。例えば、「いつか着るだろう」「痩せたら着られそう」「昔から気に入っていた服だから」「値段が高かったから」など、複数の理由が挙げられます。整理に挑戦して服が減らないと悩んでいるなら、当てはまる部分はありませんか?

おしゃれにこだわる女子にとって、服はとても大切なもの。そのため、最近は着ていない服であっても、簡単には捨てられないですよね。

服を整理するメリットとは

あまり着ていない服を手放すことで、服が占領していた空間をすっきりさせられます。
不要な服を手放せば、本当に着たい服だけが残ります。残った服を見れば、自分が本当に好きな服のテイストが分かり、無駄な買い物を減らすことができるでしょう。さらに、コーディネートに悩む時間も減り、時間の余裕が生まれるのも良い点です。

クローゼットを開けた時に、自分の好きな服だけになっていると、さらにおしゃれするのが楽しくなりますし、普段使うクローゼットがスッキリしていると、運気が上がると言われています。着ていないけど気に入っているなど迷う服は、収納ケースに一旦まとめて、期限を決めて見直してみましょう。

長い間着ていない服が収納の中で眠っているなら、処分することを考えてみましょう。捨てるだけではなく、最近はフリマアプリで手軽に出品することもできます。また服を回収してもらえるショップもあります。気に入っていた服は次に着てもらえる人にゆずるのもいいですね。
gettyimages (27675)

ミニマリストに学ぶ!服をすっきり整理するポイント

最近注目されているミニマリストとは、服や物などのいらないものを手放し、シンプルな生活を実現している人のことです。いらない服を処分するためにも、ミニマリスト流の整理のコツや基準を参考にするのも一つの方法です。

ミニマリストは何着くらいの服を持っている?

ミニマリストが持っている服の数は、大体30着以下です。中には10着しか持っていないというミニマリストもいます。しかし、少ないほど良いというわけではなく、自分の生活スタイルに応じて服が何枚ぐらい必要かを把握し、不必要な服を持たないように意識しましょう。

最終的な服の量はクローゼットの容量に合わせるという方法もあります。服で収納の中が溢れることなく、すっきりと余裕のある状態が理想的。服の枚数が減ると管理がしやすくなり、1着1着の服を大切に着られるようになります。

ミニマリスト流・服を整理するコツとは

まずは、サイズの合わない服や汚れている服、穴が開いて傷んでいる服など、今そのままでは着られないと分かる服を手放してみましょう。今の自分にとって不要と分かれば、処分しやすいはずです。

着られない服を処分したら、次に着る頻度が低い服を手放してみましょう。具体的には1年以上の間、着ることがなかった服が対象です。もともと着る頻度が少ない喪服や正装などは除外します。私服の中であまり着ていないものを処分して、最低限の1年以内に着ているアイテムだけ残すようにしましょう。

ほかには、服を新しく購入したら持っている服を1枚手放すということを実践している人がいます。例えば白いTシャツを1枚買ったら、同じようなTシャツを減らすという方法も有効ですよ。

整理とおしゃれが両立できる!服のレンタルサービスが人気

gettyimages (27676)

整理して服の量を減らしたとしても、いろんな服を着ておしゃれを楽しみたいという気持ちも捨てがたいですよね。洋服を整理して部屋をきれいに保ちつつ、いろんなおしゃれも楽しみたいという望みを叶えるものとして、服のレンタルサービスが人気を集めています。

様々なコーディネートが楽しめる服のレンタルサービス

服のレンタルサービスは、様々なテイストのアパレルを気軽に借りられるサービスです。定額の月額料金を支払えば気になる服をレンタルできます。選べる服の幅も多様で、自分の好きな系統の服やかばん、アクセサリーなど、バラエティ豊かなファッションを楽しむことが可能です。

服を借りて着終わった後はそのまま返却できるため、部屋の収納スペースを心配する必要はありません。いろんなファッションを楽しめる上に服の量は変わらないため、整理で服を減らした後も、様々なコーディネートを楽しめます。

服のレンタルサービスはこんな人&シーンにおすすめ

服のレンタルサービスは、「あまり着る機会がない服を気軽に試してみたい」「一定の予算でとにかくたくさんの服を着て、ファッションを楽しみたい」「服の片付けや処分が苦手」といった人におすすめです。

サービスによっては、プロのスタイリストがコーディネートを提案してくれる場合もあり、服選びに苦手意識がある人でもおしゃれを満喫できるでしょう。また、今まで着たことのないテイストの服にも挑戦しやすくなるため、意外と似合う服に出会える可能性も高まります。以前の服とのビフォーアフターも楽しめるでしょう。

オフィスカジュアルやパーティー、結婚式など様々なシーンに対応できるファッションをそろえているサービスもあります。着る頻度の少ないフォーマルな服は、レンタルサービスの利用がおすすめです。

まとめ

洋服を減らせない理由は、人によって様々ですが、整理に慣れないうちは、1年以上着ていない服から見直してみましょう。ミニマリストの暮らしを参考にしてみるのも一つの方法。クローゼットをスッキリさせれば、毎日の洋服選びももっと楽しくなりますよ。
いろいろなおしゃれを楽しみたい人は、ぜひ服のレンタルサービスも検討してみてくださいね。
監修:奥田 明子
整理収納コンサルタント
https://okudaakiko.com/ 整理収納コンサルタント。家事整理考案者。外資系ブランドに約10年勤務。 娘が1歳の時に復職したが、忙しさから部屋が散らかることや家事ができないことにストレスを抱える。 2012年に整理収納アドバイザー2級認定講座を受講し、整理の素晴らしさに目覚め、整理収納アドバイザーを目指す。 現在は、資格講座やセミナー、コラム執筆、整理収納サポートなど精力的に活動中。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

バッグによって変えるのが肝! プチプラアイテムを使った収納アイデアと保管方法

バッグによって変えるのが肝! プチプラアイテムを使った収納アイデアと保管方法

毎日使うバッグはいろんな大きさや形があって収納にも悩むもの。バッグの種類に合わせた保管方法や、100円ショップをはじめとしたプチプラアイテムを使った収納アイデアを知って、自分...
sakko
2020.03.19
【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

お片づけお悩み相談室! 今回は「絡まるコード」「大量のコスメ」「大量のバッグ」で部屋が片づかないMさん(会社員 24才 一人暮らし)の収納のお悩みを解決していきます。せっかく...
米田まりな
2020.03.03
見えないところまで美しく! クローゼットの整理整頓術

見えないところまで美しく! クローゼットの整理整頓術

自分好みにきれいにまとめた一人暮らしのお部屋も、見えないところは汚くなってしまいがち。とりあえずクローゼットに荷物を詰め込んでいる人も多いかもしれません。そこで今回は、インス...
misora_blog
2020.02.15
家中抜かりなく! 一人暮らしの夏の虫対策

家中抜かりなく! 一人暮らしの夏の虫対策

一人暮らし中に困ることのひとつが「虫」。ダニやゴキブリが出ないように事前に防止する方法や、虫が出てしまったときのために用意しておきたいもの、対処の仕方など。家の場所別、虫別に...
sakko
2020.06.08
お部屋づくりの隠れポイント! 垢抜けた雰囲気になるおすすめ小物と選び方

お部屋づくりの隠れポイント! 垢抜けた雰囲気になるおすすめ小物と選び方

垢抜けたお部屋のつくり方とは? ティッシュケースやクリーナー、洗剤ボトルなど細かいアイテムをこだわることでお部屋全体の雰囲気がワンランクアップします。とことんこだわって、洗練...
sarami
2020.06.06

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしレシピ
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしのはじめかた