2020年03月19日 更新

バッグによって変えるのが肝! プチプラアイテムを使った収納アイデアと保管方法

毎日使うバッグはいろんな大きさや形があって収納にも悩むもの。バッグの種類に合わせた保管方法や、100円ショップをはじめとしたプチプラアイテムを使った収納アイデアを知って、自分の部屋にぴったりのバッグ収納に変えてみましょう!

通勤バッグやデート用、旅行用バッグなど。大きさや素材、形もいろいろあるバッグを、とりあえずひとまとめにして置いているだけの方も多いのではないでしょうか? 
大切なバッグを取りやすく収納したら、毎日のコーディネートを楽しめるかも。今回はお財布にやさしい100円ショップなどのプチプラアイテムを使ったバッグ収納アイデアをご紹介します。

バッグを長持ちさせる保管のポイント

保管方法次第ではカビが発生したり、変色したり、型崩れをおこしてしまうことがあります。バッグを長持ちさせるためにも、保管方法を知って長く大切に使いましょう。
  • 通気性を確保する

  • 型崩れを防止する

  • 変色を防ぐ

通気性を確保する

湿気が多い場所に長期間保管すると、カビ発生の原因になることも。大切なバッグをカビから守るためにしておきたいことを早速実践してみましょう。
  • ①布製の袋に入れておく

    通気性のいい布製の袋や不織布などに入れて、ほこりがかぶらないように保管します。ビニール袋に入れてしまうと通気性がよくないうえに、バッグの塗料が化学反応を起こしてビニール袋がバッグにくっついてしまう可能性があります。
    買ったときについている布製の袋があれば、それに入れて保管しておくのがベストでしょう。

  • ②風通しをよくする

    カビの発生を防ぐには、空気の通り道を作って湿気を溜め込まないことが大切! クローゼットなどの収納スペースに置いている場合は、近くの窓や収納スペースの扉を開けて、風通しをよくする時間を作ってみましょう。近くに窓がない場合は、扇風機やサーキュレーターを使って風を当てるのもいいですね。

型崩れを防止する

  • ①詰め物を入れる

    新聞紙や薄紙などを丸めたものや柔らかい布などを詰めておけば型崩れの心配がありません。ただし、新聞紙はインクなどが色移りする可能性もあるので、新聞紙を柔らかい布や不織布にくるんで入れると安心ですよ。

  • ②積み重ねて置かない

    バッグの上にバッグを積んでいくと、重みが型崩れの原因になってしまいます。 重ねず縦向きに置いて形を綺麗に保ちましょう。

変色を防ぐ

直射日光に長時間あてると、色褪せなど変色してしまうことも。なるべく直射日光のあたらない場所を選んで保管するようにしましょう。

バッグ整理の手順

収納を考える前にまずはバッグの整理から。整理の基本は「全部出す→分ける→収納する」です。分ける方法もいろいろとあるので、まずは収納する前の準備をステップを踏んで見ていきましょう。

①全部出す

持っているバッグをすべて出してみましょう。ひとつひとつ見ていくと、劣化しているものや案外使っていないものがあったり、持っている形や色の偏りにも気付けます。
まずは使っていないバッグを手放し、使うバッグだけに整理をしましょう。

②用途別に分ける

さまざまなシーンで使い分けるいろいろなデザインのバッグたち。すべてごちゃごちゃに混ぜて置いておくよりも、用途別に分けて収納しておけば探す時間も取られません。
仕事用、デート用、旅行用、冠婚葬祭用などまずは用途別に分けてみましょう。

③大きさ別、デザイン別に分ける

用途別に分けたら、次は大きさ別やデザイン別で分けていきましょう。細かく分けておくと大きさやデザインごとに適した収納グッズを買う目安にもなります。
  • 大きさ別

    たとえば仕事用なら、出張用の大きめサイズ、資料が入るA4サイズ、お弁当用の小さめサイズなど。大きさ別に分けておけば、その日使いたい大きさをひと目で見つけられます。

  • デザイン別

    トートバッグ、リュック、ショルダーなどデザインごとに分けておくと、さらに持ち物の管理がしやすくなります。

④使用頻度を把握する

ほぼ毎日使う、週に1度、月に1度、半年に1度使うなど、バッグによって使う頻度は色々ありますよね。使いやすく収納するコツは、使用頻度の高いバッグを手に取りやすい場所に収納すること。普段よく使うバッグを把握してから収納を考えていきましょう。

プチプラアイテムで解決! バッグの素材に合わせた収納方法

革製バッグ:置く収納

革のバッグは吊るしておくとハンドル部分が伸びてくる可能性があるので、長期間保管する場合は置く収納がベスト!
  • ブックスタンド

ダイソー:ブックスタンド ¥110(税込み)

このスタンドはひとつ当たりの幅が約7.5cmなので、小さめバッグを置くのにおすすめ。このように立てて並べたら、どこに置いたかひと目で把握できるのできれいに収納が可能。
※写真は2つ並べて使用しています。
  • スライド式スタンド

キャンドゥ:冷凍庫用フリーザースタンド ¥110(税込み)※1つの価格

これは実は冷凍食品を立てて収納するためのアイテム。
約16.5cm~26cmまでスライドして幅を簡単に変えることができるので、バッグの幅に合わせてブックスタンドのように使うとすっきりと収納できます。
  • 収納ボックス

ダイソー:フタ付収納BOX ¥440(税込み)

布製のボックスに収納。フタ付きなのでホコリからも守ってくれます。また取っ手もついているので、持ち手を引っ張って取り出せるところも便利。

布製、ナイロン、ショルダーバッグ:吊るす収納

布製バッグやショルダーなど”自立しにくいもの”は吊るす収納にします。普段よく使う革のバッグも長期間の保管でなければ吊るす収納でもよいですね。
  • バッグハンガー

【アイテム1】ドアフック

セリア:ドアフック ¥110(税込み)

扉の上に引っ掛けるタイプのフック。クローゼットの扉やリビングのドアなどに引っ掛けて使えます。普段よく使うバッグを掛けておけば、毎日簡単に出し入れ可能。
【アイテム2】ロングフック

ダイソー:くるっ!とロングフック ¥110(税込み)

引っ掛け部分がくるっと360℃回るので、掛けたものが重なり合わずに省スペースで収納できるアイテム。セットで使うミニバッグとサブバッグを一緒に吊るしたり、バッグと帽子を掛けてコーディネートしたりしておくのにも便利です。
クローゼットの中やラックなどに引っ掛けて活用してみてはいかがでしょうか?
【アイテム3】バッグハンガー

キャンドゥ:バッグハンガー ¥110(税込み)

フックを4箇所の好きな位置にはめ込めるタイプ。バッグの大きさやハンドルの長さに合わせてフックの位置を変えられます。また、下の穴に同じバッグハンガーを連結できるので縦長に連ねて収納することも可能です。
  • つっぱり棒+S字フック

写真左)セリア:ストッパー付S字フック(中)3個入 ¥110(税込み)

ちょっとした隙間も収納スペースに変えてくれるのが、突っ張り棒とS字フックの組み合わせ。こちらのS字フックはストッパーが付いているので、バッグを取った瞬間にS字フックも一緒に外れる心配がなくてストレスフリーです。
  • 収納用バッグ

エコバッグなど折りたたんでも大丈夫なものは、きれいにたたんでひとつのバッグにまとめてみましょう。その収納用のバッグごと吊るしておけば、コンパクトに収納ができます。

まとめ

①バッグを用途別、大きさ別、デザイン別に分ける
②使用頻度の高いバッグは手に取りやすい場所へ収納
③素材に適した収納を考える
④通気性のよい場所で保管する


まずはバッグを整理して持っているものを把握しましょう。
プチプラアイテムを使った収納アイデアを参考に、バッグの素材や大きさに合った方法を試してみてくださいね。すっきり収納してバッグをきれいに保管しましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

【お悩み相談室】大量のコード、コスメ、バッグをスッキリ収納させるポイント

お片づけお悩み相談室! 今回は「絡まるコード」「大量のコスメ」「大量のバッグ」で部屋が片づかないMさん(会社員 24才 一人暮らし)の収納のお悩みを解決していきます。せっかく...
米田まりな
2020.03.03
壁に付けられる家具で収納を格上げ!賃貸に使えるDIYアイテムもご紹介

壁に付けられる家具で収納を格上げ!賃貸に使えるDIYアイテムもご紹介

壁に付けられる家具は、収納スペースが増える上、部屋をおしゃれに見せることができるということで人気となっています。壁に付けられる家具の活用法や、女子でもできるDIYのアイデアな...
とりぐら編集部
2020.02.29
Seriaの収納アイテムで洗面台をスッキリ!おすすめ10選と収納術

Seriaの収納アイテムで洗面台をスッキリ!おすすめ10選と収納術

100円ショップ「Seria(セリア)」のアイテムだけで洗面台収納をすっきり!ごちゃつかず使いやすい洗面台作りを目指して、セリアの収納におすすめのアイテム10種類をご紹介します。
sarami
2020.01.28
新生活前にチェック!引越し前後の梱包作業をラクにする方法

新生活前にチェック!引越し前後の梱包作業をラクにする方法

これから新生活に向けて一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか?引越しが決まったら、引越し準備でバタバタしやすくなります。段取り良く荷物の梱包をして、新居で快適な暮らし...
sakko
2020.02.28
新生活!忙しくても散らからない部屋を作る6つのルール

新生活!忙しくても散らからない部屋を作る6つのルール

この春から一人暮らしを始める、部屋を片付けてもすぐ散らかってしまうという方必見!整理収納アドバイザーから6つの収納のコツを学んで、散らからない快適な部屋づくりを目指しましょう。
米田まりな
2020.02.21

この記事のキーワード

この記事のライター

sakko sakko

注目の特集