2020年04月29日 更新

コツをつかめば実は簡単! 個性豊かな雑貨&アートをお部屋に取り入れるコツ

日常をいつもよりちょっと豊かにしてくれる雑貨&アート。手が出しにくいと思う人もいるかもしれませんが、うまく取り入れられるとお部屋をぐっとオシャレにしてくれるアイテム! そこで今回は、選び方のポイントや、飾り方のコツをご紹介します。コツを少しつかむだけで気軽に雑貨&アートのある暮らしを楽しめますよ。

お部屋をおしゃれに演出してくれる雑貨&アートたち。かわいい雑貨&アートがあるだけで生活やお部屋の雰囲気も豊かに感じますよね。でも「初心者にはハードルが高い……」と感じて手が出せていない方も多いのではないでしょうか。
そんな方も取り入れやすくなる、手軽に統一感を出すコツや、アイテムの選び方のポイントなどをご紹介。コツさえ押さえれば意外と簡単に雑貨&アートも楽しめちゃいますよ。

雑貨&アートを取り入れるときのポイント

トータルコーディネートを重視する

「ひとつひとつの雑貨はかわいいけれど、統一感がない」、「買ったはいいけど部屋に合わず飾らなかった……」そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。
まず雑貨&アートを購入する前に、部屋から浮かないか?ほかの小物とテイストがあっているか?と”部屋全体のトータルコーディネート”を考えるのがGOOD!

わたしが新しく雑貨を購入する場合も、その場ですぐ購入するのではなく自分の部屋の雰囲気を壊さないか、色味は合っているかなどを考えてから購入するようにしています。お部屋の全体の写真を事前に撮っておくと検討しやすいのでおすすめです。
雑貨&アートをお部屋に自然に馴染ませるコツは、家具や、ラグ、壁の色味をリンクさせること。
我が家の場合は白・黒・ゴールドで揃えています。特にモノクロのアイテムは手が出しやすいですし、売られているアイテム数が多いので初心者の方にもおすすめです。

軸になるアイテムを決めて、統一感を出す

雑貨&アートを複数飾りたい場合、「ベースとなるアイテムを決め、それに合わせてほかのアイテムも購入する」のもポイント。
むやみやたらに集めるのではなく軸になるものを決めることで、複数並べた場合も統一感を出すことができます。また、追加で購入する際も部屋に合うかが想像しやすくなるので便利。

たとえば我が家のポスターを置いているスペースでは、かっこいいイメージにしたかったのでモノトーンの抽象画を選びました。ほかのポスターも同じブランドのもので揃えています。主役になる大きいポスターを選んだので、まわりにかわいい雑貨を飾ってもバランスが大きく崩れることもありません。さらに、ポスターの場合は床置きにしたり、大小を重ねて飾るとこなれ感が出ます。

シリーズで揃える

気に入ったものはシリーズで揃えてみましょう。
異なったものをひとつずつ揃えるのも素敵ですが、シリーズで複数個並べる方法だと、簡単にまとまった印象を作ることができるので、手っ取り早く統一感が出せて便利です。
下段の手前のハウスモチーフのオブジェや、真ん中の段の丸いオブジェは色違いで購入しました。同じアイテムでも色違いやサイズ違いで揃えると遊び心が出ます。
こちらも同じテイストの英字のウォールアートを購入。片方は壁付け、もう片方は床置きにして飾り方のバリエーションを出しています。
棚奥に立てかけられた額縁は、大中小の3サイズを使っています。
アクリルを組み合わせた抜け感のあるフレームです。中のポスターが違っても、フレームが揃っていると統一感が出せます。
お気に入りの陶器のネコシリーズ。実家の猫を思い出してほっこりします。
無機質なアイテムばかりだと部屋全体のテーマである「北欧スタイル」が薄くなってしまうので、かわいらしい優しいテイストの雑貨も取り入れています。

テイストが合わなくなったものは、別の空間へ

雑貨&アートをそろえていくなかで、部屋に合わなくなったものは別の空間に移動させることもあります。
我が家でも「なんとなく部屋に合わないな……」と思ったポスターはトイレへ。ポスターをひとつ置くだけでグッとおしゃれな空間になりました! 気に入らなかった壁紙も隠せて一石二鳥です。
空間ごとのテイストは揃えますが、別の空間は違う雰囲気にすることで、いろいろな雑貨&アートを楽しめます。
それでも使わないものは、クローゼットにしまってしまいましょう。気分や季節によって変えるのも遊び心があっていいですよね。

まとめ

色合いや、シリーズ、テイストなどを気をつけるだけで、個性豊かなものも意外と統一感を出せます。ポイントはお部屋全体を引きで見て・俯瞰的に考えること! トータルバランスが取れるように部屋のイメージを頭の隅に置きながら、雑貨&アートを購入してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

都会的なBohoスタイルに心ときめく! リラックス感溢れるワンルーム

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、12畳のワンルームに暮らすmaro.anna44さん。都会感と伝統的なスタイルが融合したBohoスタイルのインテリアは、モ...
とりぐら編集部
2020.07.10
まるで海外の部屋!? アートに囲まれたモダンナチュラルな1K

まるで海外の部屋!? アートに囲まれたモダンナチュラルな1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、38㎡の1Kに暮らしているpong.margoさん。まるで海外のインテリア雑誌に出てきそうな部屋で、スタイリッシュな暮らし...
とりぐら編集部
2020.11.13
コンテンツクリエイターが暮らす、スタイルのある8畳ワンルーム

コンテンツクリエイターが暮らす、スタイルのある8畳ワンルーム

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、フリーのコンテンツクリエイターhoneylisabeeさんの8畳ワンルーム。ベージュやブラウン系がベースのナチュラルな部屋は、家...
とりぐら編集部
2021.01.04
個性的でスタイリッシュ! アーティスティックな8畳1K

個性的でスタイリッシュ! アーティスティックな8畳1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、シンプルモダンがテーマのsui_salixさんの1Kのお部屋。密度感と色味のバランスに配慮したという部屋は、アートを感じさ...
とりぐら編集部
2020.12.29
海外ヴィンテージ家具&小物でおしゃれに! Bohoを意識した1K

海外ヴィンテージ家具&小物でおしゃれに! Bohoを意識した1K

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、イギリスで暮らした経験もあるanne_interior_decorさんの海外インテリアのようなセンスあふれる1K。ナチュラ...
とりぐら編集部
2020.12.23

この記事のキーワード

この記事のライター

sarami sarami

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ