2020年12月24日 更新

木漏れ日のようなやさしい光。自然をテーマにした「DI CLASSE」の照明でリラックス空間を手に入れよう

日々の暮らしはほとんど照明と共に過ごしているのに、お部屋の照明にこだわっている人は意外と少ないのでは? 今回は、灯すだけでリラックスできる照明を数多く扱う「DI CLASSE(ディクラッセ)」直営のオフィシャルショップ「lux di classe(ルクス・ディクラッセ)」を取材し、リラックスできる照明づくりのこだわりや、照明を使って居心地のいい空間を演出するコツ。そして、一人暮らしにおすすめの照明も教えてもらいました。

煌々と輝く青白い蛍光灯。夜の街をギラギラ照らすネオン。わたしたちは毎日のように、人工的な強い光を浴びています。そこで、今回は癒しをもたらす「自然」の光をテーマにした「DI CLASSE(ディクラッセ)」の照明に注目! リラックスできる照明づくりのこだわりや、照明を使って居心地のいい空間を演出するコツ。さらに、いろんなシーンに合わせたおすすめの商品を、「DI CLASSE(ディクラッセ)」代表/デザイナー・遠藤さんと、プレス・福岡さんにお聞きました。
DI CLASSE(ディクラッセ)

DI CLASSE代表/デザイナー・遠藤道明さん
DI CLASSE、lux di classeプレス・福岡桃子さん

「光と影」が織りなす癒しのライティング

DI CLASSE代表の遠藤さんは、社長兼デザイナー。「光が生み出す癒しの影をデザインする」というコンセプトのもと、心地いい空間を追求し、自ら照明器具をつくっています。

自然をモチーフにした、あたたかみのある「光」

DI CLASSEの照明づくりに欠かせないのが「自然」というキーワード。

海外と日本を行き来するなかで、日本の青白くクールな印象の照明に対し、海外の街灯やお店の照明は暖色を使っていることに気付いた遠藤さん。そのあたたかみを感じる色合いに、無意識のうちに「癒し」を感じたそう。なぜこんなにも癒しの効果があるのかと疑問に思って導き出した答えが「自然の光に近いから」というものでした。

窓から差し込む木漏れ日や燃えるような夕日、ゆらゆらと揺れる焚火。人間の安らぎは自然こそが原点であり、現代日本に生きる人々は人工的な光に慣れすぎてしまっていると考えた遠藤さん。そこから自然をモチーフに、あたたかみのある暖色を使用した照明器具はDI CLASSEでしか手に入らない大人気商品となりました。
遠藤さん

DI CLASSEが探求しているのは、「光」と「人間の健康」の関係性です。人工的な光を浴び続けると目の疲労を感じたり、睡眠が妨げられるといわれていますが、自然光はまさにその真逆の効果があると考えています。
デンマークやノルウェーには「ヒュッゲ」という言葉があるのですが、家族や友人とのんびり過ごす時間や、居心地がいい空間のことを指します。夜に集まるときはろうそくを焚いて、時間が経つにつれて少しずつ消していくそうです。落ち着く空間を照明からつくって、何気ない時間をしっかりと確保するからこそ心身ともに健康を保てるのではないでしょうか。

光ではなく「影」をデザインするのがDI CLASSE流

もうひとつDI CLASSEの照明に欠かせないのが「影のデザイン」です。多くの有名なデザイナーが照明器具そのものの形にこだわるなか、光が作り出す陰影をいかに美しく表現できるかに注力。壁や床に映しだされる幻想的な影は、都会の喧騒を忘れさせてくれます。
遠藤さん

自然の中にいるときには当たり前のようにそこにある草木の影が、室内では途端になくなってしまいますよね。でもよくよく考えてみれば、光があれば影ができるのは当然です。DI CLASSEでは「影」も自然がもたらす癒しの一部としてデザインにこだわっています。

みなさんも癒し効果抜群の照明が気になり始めてきたのでは? ここからは、lux di classe直伝の照明の楽しみ方や照らし方のコツをご紹介します!

照明のヒント! DI CLASSEの光の照らし方

「ひとつの照明だけでも、いろいろな楽しみ方ができる」と福岡さん。テーブルライトやフットライトを買ってみたけれど、いまいち活用しきれていないという人は必見です。

ひとつのアイテムでいろいろな灯し方~デスクランプ~

アルル デスクランプ 16,500円

lux di classeで長年人気の商品でもある、アルル地方の女性の「帽子」をモチーフにデザインされたこのランプ。華奢な女性が帽子に手をかけている様子をイメージしており、デスクランプの直線的なイメージを覆すような丸みを帯びたキュートなフォルムが特徴的です。
福岡さん

作業するときは普通のデスクランプとして使用し、作業が終わって家の中でくつろぐ時間は、ランプの傾きを変えて光を壁にあてることで間接照明として使うことができます。壁にあたったやわらかい光で素敵なリラックス空間に。これひとつで雰囲気がガラッと変わる万能商品なのでおすすめです!

くつろぎ時間のお供に~アクセサリーライト~

昔の人は、夕方、仕事から帰り、家族でご飯を食べる団らんの時間をはじめとするくつろぎの時間はろうそくや焚火などのあたたかい色の光を使っていました。徐々に灯りを消していき、星空の中、光もない暗い中で眠りにつく。人はそういったサイクルを繰り返してきました。そんな自然な光を取り入れる暮らしを叶えてくれるのがこちらの“アクセサリーライト”なんです。
福岡さん

今は、夜になっても街には眩しいほどの強く青白い光があふれていたり、寝る前までスマホを見て無意識に強い光を浴びてしまうこともあるかと思います。でも本来、人は夕日や焚火を見るとほっとするように、夜寝る前にオレンジ色のやわらかな光で過ごすとリラックスするんですよね。なので、少しでも自然な形に戻してリラックスしてみませんか、というのがDI CLASSEの提案です。

夕方は天井照明、必要に応じてフロアランプやテーブルランプの明かりで過ごし、夜寝る前はなるべく天井照明は消して、置き型のテーブルランプなどを使うことで、夕日のような低い位置から淡い光が灯り、自然と眠りへ誘ってくれるといいます。

LEDキャンドル ルンガ S:6,600円/L:8,250円

福岡さん

LEDキャンドル「ルンガ」はタイマー付きのライト。たとえば、夜の7時に点灯すると、4~5時間後に消え、次の日の夜7時頃にまたパッと点灯します。DI CLASSEがテーマにしている「ヒュッゲ」にもぴったり。「今からくつろぐ時間ですよ」と教えてくれる、リラックスに特化した照明です。

クオーレ LEDキャンドル 1,100円

福岡さん

LEDキャンドル「クオーレ」はイタリア語で「心」を意味します。まるで本物のキャンドルのようでありながら、火を使わない安全なLEDキャンドル。息を吹きかけることで点灯や消灯ができるこのキャンドルは、寝る前の最後の光にぴったりです。

LED ソーラーランタン ノッテ S:3,850円

ベッドルームや食卓を照らす灯かりとしてはもちろん、ベランダなどのちょっとしたお外空間でも大活躍するのがソーラーランタンの「ノッテ」。防滴仕様なのでアウトドアでも灯かりを楽しめます。ソーラーパネルとセンサーを内蔵しているので日中は太陽光で充電し、暗くなると自動で点灯する機能付きです!

照らし方を試せる「照明のフィッティングルーム」も!

オレンジ色のやわらかい光は、直接的に健康と関わっているほかに、“顔色をよくみせてくれる”という効果もあるそうです。「照明ひとつでそんなに変るの?」と半信半疑な人のために、DI CLASSEではなんと、照明のフィッティングルームを設置してあります! 照明の色の違いや、空間をどのように照らすのか確かめられる空間です。
福岡さん

明るさや色の差を見れば、照明一個変わるだけでいかに空間全体が左右されるか実感いただくためにフィッティングルームを設けました。前に、付き添いとしてご来店された男性がいらっしゃって。「照明なんてどれもそんなに変わらないだろう」と、お買い物に消極的だったんです。そこで、フィッティングルームで照明の違いを体感していただいたところ、自ら進んで照明を選ぶようになっていただけました。

「Noble」「Barocco」「Nature」 3つのテーマのなかから自分好みの照明を見つけよう

ここまで、DI CLASSEのこだわりをお伝えしてきました。実はDI CLASSEでは、さまざまなライフスタイルに合うように、3つのデザインテイストを提案しています。たくさんの商品をいっしょくたにせずジャンルに分けてくれているので、照明初心者でも自分のお部屋のテイストに合った照明を見つけやすい! 各ジャンルのなかから自分のお部屋に合わせて、大小のフロアランプ、テーブルランプ、シーリングライトなどの照明を選ぶことができます。

飽きの来ないシンプルさ~Noble~

どんな空間にも調和しやすく、すっきりとしたデザインが特徴的な「Noble(ノーブル)」。シンプルながらも洗練されているNobleの照明たちは、モデルルームやホテルに使われることも多いといいます。さらに北欧デザインを意識したモダンな印象もありながら、オレンジのやさしい光がナチュラルテイストなお部屋にもぴったりマッチ。

LEDトラモント フロアランプ 35,200円

「LEDトラモント フロアランプ」は間接照明が簡単に作れる、2WAYの床置きのランプです。光源部分にはクリアの拡散版が入っていて、日中の自然光のような爽やかな灯りを。附属のオレンジ色のアクリル板を差し込むと夕日のような灯りの2通り楽しむことができます。

ビンテージの深い味わい~Barocco~

「Barocco(バロッコ)」のアイテムは、ビンテージ調の深みのある素材感や、少し寂れた古き良きアンティーク風なものが好きな方に贈るデザイン。時代を超えて愛されるシャンデリアなど、長い時間を感じさせる照明は、部屋にぬくもりを与えてくれます。

そのなかでも大人気ロングセラーなのが「エトワール」シリーズ。エトワールとはフランス語で「星」という意味。星のかわいらしさに加え、真鍮の素材感は落ち着いた雰囲気をプラスしてくれます。大きすぎないサイズ感と、お手頃な値段で若い人にも人気なライトです。

エトワール スモール ペンダントランプ 16,500円

自然の美しさをそのまま室内に~Nature~

ミニフォレスティ 35,200円

自然の素材をモチーフにするなど、自然からインスピレーションを受けて生まれた「Nature(ネイチャー)」の照明たち。木々のみずみずしさを感じさせる照明は、ナチュラルテイストや木の素材で揃えたお部屋にぴったりです。

一番人気のアイテムは、グリーンが印象的な「ミニフォレスティ」。壁付けのこの照明は、鮮やかな緑が部屋を彩ってくれます。さらに点灯すれば葉の隙間から木漏れ日のような光が差し、美しい影と共に部屋をやさしく照らしてくれますよ。

まとめ

都会で暮らしていると、昇る朝日や落ちる夕日、青々とした緑を見ることは難しいかもしれません。そんな時に日々を自然に近づけてくれる、癒しの照明がありました。DI CLASSEの「癒しの照明」は日本に限らず、パリやロンドンのザ・コンランショップでも取り扱われています。世界中の人を癒す自然に近い光のパワー。日々の忙しさにつかれた人は、ぜひ一度体感してみてください。

取材協力

diclasse

lux di classe(ルクス・ディクラッセ)

【住所】東京都台東区入谷1-10-11 1F, 2F
【営業日】事前予約制:火曜~金曜 13時~18時(※祝日を除く)

ショップ情報へ

ショップInstagramへ

予約ページへ

※新型コロナウィルス感染防止の対策としてテレワーク実施中のため、電話での問い合わせ不可。問い合わせはメールフォームよりお願いします。
※ 土・日・月曜・祝日は休業日のため、予約不可
※12月は土曜日特別営業中。予約不要。詳細はホームページをご確認ください。

※価格はすべて税込み。
※商品は数に限りあり、完売する場合もあります。
※この記事は10月時点の内容です。
※営業日や営業時間は変更となる場合があるため、 お出かけ前に公式サイトにてご確認ください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

リーズナブルなのに心が満たされる「NOCE」の家具。自分の目で見て触れてみて。

300点以上のソファを中心に、北欧、カフェ、ブルックリンなどさまざまなスタイルの家具を豊富に取り揃えているインテリアショップ「NOCE(ノーチェ)」。今回は浅草蔵前店店長の五...
とりぐら編集部
2020.12.28
北欧の生活の知恵に学ぶ、光・色・椅子という3つの魔法

北欧の生活の知恵に学ぶ、光・色・椅子という3つの魔法

マリメッコに、イッタラ、フリッツ・ハンセン…。北欧生まれのアイテムは、なんて見る者を幸せな気持ちにさせてくれるのでしょう。デザインの源泉は、北欧の長い冬を心地よく暮らすための...
とりぐら編集部
2019.12.17
”好き”に正直に。ショップのようなおしゃれレイアウトの北欧風1LDK

”好き”に正直に。ショップのようなおしゃれレイアウトの北欧風1LDK

一人暮らしの部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1LDKに暮らす____.osmさん。ナチュラルな風合いが素敵な北欧系のインテリアでまとめています。写真も参考に、お気に入...
とりぐら編集部
2021.06.18
リネン好きにはたまらない! 日々の暮らしが心地よくなるアイテムがいっぱいの「onnellinen」

リネン好きにはたまらない! 日々の暮らしが心地よくなるアイテムがいっぱいの「onnellinen」

できるだけ長く使えるもの、使うときにうれしくなるもの、ありそうでないもの。そんなアイテムたちがそろったセレクトショップ「onnellinen(オンリネン)」。今回は店主の瀬良...
とりぐら編集部
2020.11.30
北欧・英国家具の本当の魅力に出会える「Lewis」へ! こだわり抜かれたアイテムたちに触れてみよう

北欧・英国家具の本当の魅力に出会える「Lewis」へ! こだわり抜かれたアイテムたちに触れてみよう

シンプルで質素、繊細なデザインながらもしっかりとしたつくりが魅力の北欧・英国家具。どんな暮らしにも違和感なく溶け込むデザインで、その人気は日本国内でも衰えることを知りません。...
とりぐら編集部
2020.11.06

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部 とりぐら編集部

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ