内定後も気を抜かない! 内定辞退のメールを送るときの注意点

内定後も気を抜かない! 内定辞退のメールを送るときの注意点

2016/10/17

就活マナー講座

就活中に複数の企業から内定をもらえた人は、その中から自分が就職する企業を選ばなければなりません。そしてその企業以外には、「内定辞退」の連絡をする必要があります。内定をいただいた企業に内定辞退のメールを送るのはとても申し訳ない気持ちにもなりますし、不安になることもありますよね。企業側ももちろんそれぞれの事情はわかっていますので、社会人としてビジネスマナーを守り、しっかりと誠意をもって内定辞退を伝えるようにしましょう。

◆メール以外の連絡方法が適切な場合も

内定を辞退するときのは、「会社に直接出向く」、「電話で伝える」、「メールで知らせる」の3つの方法から選ぶことができます。昔は会社に出向く例が多かったようですが、最近ではメールや電話でお断りするのも一般的になってきています。内定をもらっている場合、人事や採用担当者の名前が分かっていることがほとんどですので、電話で辞退を伝える場合は「◯◯大学の◯◯と申します。先日、内定のご連絡をいただき、ありがとうございました。大変非常識なことで誠に申し訳ありませんが、この度御社からいただいた内定を辞退させていただきたく、ご連絡を差し上げました」など、丁寧に伝えてください。

◆内定辞退を決めたらすぐに連絡する

もちろん企業側も辞退する内定者がいることも考慮して内定を出していますが、企業側が採用活動に時間やコストを割き、その上で内定をいただいているということを忘れてはいけません。また、時期が進むにつれて企業側も新入社員の入社に向けて準備を進めています。内定辞退を決定したら、すぐに企業側に連絡しましょう。内定辞退は『一度結んだ契約を破棄する』ということです。社会人としての最低限のビジネスマナーを持ち、誠意をもってお断りの旨を伝えましょう。

次のページつづきは……◆件名はわかりやすいものにする

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ