コーヒーと緑茶に長寿効果!正しく知っておきたい効果的な飲み方5つ

学生の窓口編集部
2015/05/27
入学準備・新生活
あとで読む

国立がんセンターが発表した「コーヒーや緑茶で死亡リスク低減」というニュースが話題ですね。緑茶やコーヒーに含まれる成分には、健康増進効果があるものも多いのですが、選び方や淹れ方で成分の量が変わってくるのです。

今回は、緑茶とコーヒーの健康成分を上手に引き出す方法を紹介します。

<コーヒーに含まれるもの>

■クロロゲン酸(コーヒー)

コーヒー豆に含まれるポリフェノールの一種です。脂肪燃焼の他、脂肪肝や糖尿病の予防効果があることが知られています。

クロロゲン酸の含有量は、豆の品種や焙煎の深さに左右されます。産地による差もありますが、アラビカ種よりロブスタ種の方が多く含んでいます。また、焙煎によって壊れてしまうので、浅煎りの方が多くのクロロゲン酸が残っています。

淹れ方については、クロロゲン酸は、硬水より軟水で抽出されやすい性質があるので、ミネラル豊富なボトルウォーターを使うより、水道水など日本の水を使う方が良さそうです。また、抽出時間が長くなると多く抽出されます。

<緑茶に含まれるもの>

■カテキン(緑茶)

緑茶に含まれるポリフェノールの1種で、8種類のカテキンの総称です。カテキンは緑茶の渋み成分で、血中コレステロールを下げたり脂肪燃焼効果の他、抗菌・抗酸化効果、がん予防など様々な効果があります。

カテキンは渋みの多い茶葉に多く含まれていて、お湯の温度が高い方が良く溶け出します。ペットボトルのお茶では、トクホのお茶のように、「渋味が強い」と感じるお茶は、カテキンが多いものです。

■テアニン(緑茶)

テアニンはアミノ酸の一種で、緑茶のうまみ成分です。脳のリラックス効果や眠りの質を良くすることが知られています。この他にも血圧を下げたり、ストレスを和らげるなどの効果が報告されています。

テアニンは、うまみの多い玉露やかぶせ茶・抹茶といった高級茶葉や、新茶(一番茶)に多く含まれています。テアニンは、水に溶け出しやすい性質があるので、淹れ方のコツはありません。ただ、溶け出しやすいため1,2煎目でほとんど出てしまいます。3煎目以降のお茶にはあまり残っていません。

ペットボトルのお茶などでも、「うま味がある」「甘みがある」と感じるお茶は、テアニンが多いと考えられます。

次のページ<緑茶とコーヒーのどちらにも含まれるもの>

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催