【お茶屋だからこそ作ることのできるショコラ】数量限定!6年越しのバレンタインショコラが誕生!# Z世代Pick

学生の窓口 学生編集部

お気に入り!

あとで読む

こんにちは!リリースピッカーの湯川です。バレンタインに贈るチョコレート、贈る相手に合わせて選びたいですね。今回は大人なバレンタインを楽しみたい方にぴったりなお茶のチョコレートをご紹介します。

【2023年の恋愛運を診断】あなたの恋愛力をチェック!

1860年創業、京都・祇園から宇治茶の豊かな味わいと愉しみをお届けする祇園辻利は、 2023年1月10日(火)から、バレンタイン商材としては約6年越しとなる新商品「CHOCOLAT IVRE(ショコライーヴル)」を数量限定で販売開始する。

「その一粒は、大人のために――。」祇園辻利が手がける至高のバレンタインショコラが誕生

2017年に誕生した「ショコラムー以降、6年振りとなる新ショコラ「CHOCOLAT IVRE(ショコライーヴル)」が誕生した。抹茶・ほうじ茶の特長を熟知する祇園辻利が手がける本商品は、フランス語で「酔う」「夢中になる」を意味する「ivre(イーヴル)」の名の通り、宇治茶と洋酒のマリアージュによる贅を極めた一品。

フレーバーは全二種となっており、一つ目は独特の苦みと鼻を抜ける芳しい香りが堪らない厳選抹茶をふんだんに使用し、これまでの祇園辻利 抹茶スイーツでは類がないほどの抹茶含有量を誇る「抹茶×ラム」。バランスを緻密に計算された洋酒とのハーモニーが、奥深い甘さとコクを生み出す。

二つ目の「ほうじ茶×ブランデー」では、香りの相乗効果で華やかな後味を残す洋酒を選りすぐり、ほうじ茶の新たな魅力発掘に辿り着きました。濃厚な宇治茶ショコラを纏った洋酒ガナッシュが口の中でとろける瞬間、

深い味わいを包み込むように洋酒が香り立ち、官能に響く余韻へと導かれる。

またラグジュアリーなパッケージは、バレンタインギフトとして相応しく、自分用のご褒美ギフトにもおすすめ。特別な日に、身も心も酔いしれる至高の一粒をお楽しみいただける。数量限定となりますので、ご購入はお早めにどうぞ。

深い旨味とコク 甘美な香り 【抹茶×ラム】MATCHA×RUM

贅沢に纏った抹茶のほろ苦さが、芳醇な香りとともに口の中で広がる抹茶ショコラ。
味わうほどに、とろりとした食感のガナッシュが柔らかく抹茶とラムの風味を運ぶ。

濃厚感に圧倒されるほどの抹茶の旨味とコクに、ラムが運ぶカラメルやバニラのような香りや甘みが重なり、甘美な香りの余韻を残す。

香り高く 華やかな味わい 【ほうじ茶×ブランデー】HOJICHA×BRANDY

香ばしいほうじ茶の風味を昇華させる、熟成された果実のような華やかな香り。ほうじ茶ショコラに包んだのは、ほうじ茶とブランデーを合わせたガナッシュ。

仕上げに纏わせたほうじ茶パウダーが、より一層香りを引き立て、大人のリラックスタイムへと誘う。

バレンタインショコラの開発秘話

これまでの祇園辻利では、クランチやソフトチョコレート、生チョコレートなど、“食感の違い”を意識したチョコレート商品をご提供してきた。ここ数年、バレンタイン新商品は誕生していなかった中、「口に運んだ瞬間、心が動くようなショコラを創りたい」と考えるように。

「お茶屋だからこそ作ることのできるショコラ」であることを、今一度捉えなおしたときに、宇治茶の風味や香りを“嗜む”愉しみをお届けしたいと感じた。

そして、抹茶のほろ苦く深い旨味や、ほうじ茶の芳醇な香りを、最大限に感じられる組み合わせるものをと辿り着いたのが、”洋酒“。

晩酌でゆっくりと時間をかけて嗜むお酒のように、宇治茶の味わいを心ゆくまで感じていただきたい。抹茶にラム酒を、ほうじ茶にブランデーを合わせることも、様々な洋酒との組み合わせや配合を幾度となく試行錯誤した。ボンボンショコラのように中に洋酒が入っているとお酒の香りが立ちすぎることから、ガナッシュに練り込むことで宇治茶を引き立てるショコラに仕上がり、この新ショコラの開発に成功した。

一粒で、心地よい余韻に浸れる、そんなショコラが誕生した。
(株式会社祇園辻利 商品開発チーム 紺谷恭佑氏 / NPO法人日本茶インストラクター協会認定 日本茶インストラクター)

商品情報

■商品名:「CHOCOLAT IVRE」(ショコライーヴル)
■内容:抹茶ラム、ほうじ茶ブランデー
■容量:6個入り(各3個ずつ)
■外箱サイズ:H 42 mm × W 165 mm × D 108
■特定原材料:乳・ 大豆
■価格:2 430 円 税込
■賞味期限:2023年4月24日
■販売場所:祇園辻利・茶寮都路里 直営店、
祇園辻利オンラインショップ

祇園辻利について

京都・祇園の地から、最高の宇治茶をお届け。
祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)。
屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、
山城国宇治村(現・京都府宇治市)にて
宇治茶の製造と販売を開業したことに始まる。

また、時代に合わせ宇治茶の旨みを追求する祇園辻利は、
1978年に宇治茶専門茶寮「茶寮都路里」をオープン。
宇治抹茶を贅沢に使った良質な抹茶スイーツを開発・
提供している。

現在は京都・祇園や東京スカイツリーなど
全国6店舗やオンラインショップにて、
お茶がもたらしてくれる「歓び」のひとときを、多くの方々へお届けする。

編集/湯川むく(学窓ラボメンバー)

【2023年の恋愛運を診断】あなたの恋愛力をチェック!

学生の窓口 学生編集部

学生の窓口 学生編集部

マイナビ学生の窓口を一緒に作る現役学生たちのチームです。現役学生のリアルや生の声をいっぱいお届けします。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催