サブスクラインが「飲食店サブスクリプションカオスマップ 2022年度版」を公開

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

サブスクリプションの国内市場規模は年々拡大していて、今後さらに拡大されることが予想されます。そこで、サブスクリプション導入店舗を確認するため、サブスクリプションカオスマップが作成されました。カテゴリー別に作成されているため、目当ての店舗をすぐに発見することができます。

LINE×サブスクの店舗向け決定版サービス「サブスクライン」を手がける株式会社サブスクライン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:宇野涼太)は、「飲食店サブスクリプションカオスマップ 2022年度版」を公開した。

飲食店サブスクリプションの市場規模の拡大と作成の背景

株式会社矢野経済研究所による「サブスクリプションサービス市場に関する調査を実施(2022年)」では、サブスクリプションサービスの国内市場規模は9615億円を超え、2024年度には1兆2422億円を超える市場規模になると試算されている。飲食店での導入も増加しており、今後もさらに拡大していくことが見込まれる中、サブスクリプション導入店舗を明確にするために、今回「飲食店サブスクリプションカオスマップ 2022年度版」を作成した。

「飲食店サブスクリプションカオスマップ 2022年度版」の特徴について

居酒屋、カフェをはじめとした店舗から、専門店まで幅広いカテゴリーに分類。

【カテゴリー】
居酒屋 / 肉 / カレー / そば・うどん / ラーメン / 中華 / 韓国料理 / ビール / お茶 / ドリンク / スムージー / スープ / パ ン / サラダ / コーヒー / カフェ / 寿司 / お好み焼き / 和食 / スイーツ / イタリアン・ハンバーガー / パス / その他

チェーン店から個人経営店舗まで、様々な飲食店でサブスクリプションが導入されており、セグメントを小さくしてある分野に特化した特化型サブスクリプションが近年注目を集めている。

サブスクラインについて

サブスクラインは、LINE上で自店舗オリジナルのサブスクリプション型サービス(月額制サービス)を簡単に提供できるシステムだ。

サブスクラインには、サブスク型サービスの提供に必要な、定期決済の仕組みや顧客管理といった機能が揃っており、サブスクラインを導入することで、自店舗オリジナルのサブスク型サービスを、多くの人にとって馴染みのあるLINEを使って手軽に提供することができる。

サブスク型サービスの提供により、従来のフロー型の収益に加えてストック型の収益を得られるようになり、継続的な売上アップや、安定した店舗経営を実現する。

他にも、以下のような特徴がある。

・サービスをLINE上で始められるため、LINEを利用している幅広い層にアプローチが可能
・LINEチャットでやりとりできるため、お客様と双方向のコミュニケーションでファンを獲得
・初期費用0円&即日アカウント発行のため、今すぐ無料トライアル可能

飲食店の他にも、エステサロンや美容院、宿泊施設など、店舗で実施するサブスクリプションに導入可能だ。「サブスクライン」は、このようなシステムを通じて、お店のファンを獲得する仕組みを実現する。

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催