アップロードが遅い!? 最適な速度と改善方法を詳しく解説!

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

写真や動画のバックアップをとろうと思ったり、データの受け渡しをしたり、YouTubeなどにアップロードをしようと思ったりしたときに、「やたらと遅いな」と感じたことはありませんか?

それは、インターネット回線のアップロード(上り)が遅いことが原因かもしれません。

インターネット回線はダウンロード(下り)が重視されることが多いですが、リモートワークの定着や、ライブ配信などが一般化したことによりアップロード(上り)の速度も重要視されるようになりました。今回はインターネット回線のアップロード(上り)に関してアップロード(上り)の速度が遅いと、どんな影響があるか、また、遅い原因や対処法について紹介します。

アップロードの速度が遅い影響

アップロードの速度が遅いことで、どんな影響があるのでしょうか。具体的な例を交えてご説明します。

コンテンツのアップロードに時間がかかる

アップロードの速度が遅いとコンテンツをアップするのに時間がかかります。

・SNSへの画像/動画アップ
・動画サイトへの動画アップ
・データ共有サービスやクラウドストレージへのデータ保存

仕事で取引相手にすぐデータを送らなければならない時に支障が出る恐れもあります。

また、ライブ配信もアップロードの速度が重要です。
ライブ配信が止まったりカクカクしたりする場合は、上り速度が遅くなっているので画質を下げるなどの対応をしましょう。

WEB会議やウェビナーがスムーズに行えない

コロナ禍で一般的になったWEB会議やウェビナー(配信形式のセミナー)も、上り速度が遅いと円滑に進められません。
音声や映像が途切れて仕事の話が共有できない、仕事用データのアップに時間がかかるなどのトラブルは自分だけでなく周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。
1度や2度ではなく頻繁にアップロードが遅いと感じる場合は、早めに通信環境を見直してみてください。

オンラインゲームで通信のラグが発生する

オンラインゲームを問題なくプレイするために必要なアップロード速度は10Mbps以上、快適に楽しむためには30Mbps以上といわれています。最新のゲームでは、実測値で100Mbps近くの通信速度が求められるゲームもあります。

推奨以下の速度だとラグが発生して操作がすぐ反映されなかったり、画面が固まったりしやすくなります。
近年人気のFPS系や、反射神経が大切な対戦アクション系のゲームではラグは致命的です。
オンラインゲームを頻繁にプレイするなら、ダウンロードやPing値だけでなくアップロードの速度も重視して回線選びをしましょう。

アップロードに最適な通信速度

次に、どのようなことに、どれくらいのアップロード速度が最低限必要かを紹介します。

テキストメッセージの送信:1Mbps

メール・SNS等でのテキストメッセージ送信が問題なく行える速度です。
画像や動画データを送るには時間がかかってしまいます。

SNSに写真を上げる/ビデオ通話をする:3Mbps

画像系SNSやメッセージアプリに画像を送信する際は、3Mbpsほどの速度が必要です。
高画質データや、複数のデータをアップロードする場合は時間がかかります。

SNSに動画を上げる/ファイルを共有する:10Mbp

10Mbps程の速度があれば、動画など大きなデータのやりとりが出来ます。
動画配信も実測値で6Mbps 程出ていれば問題なく行えるようです。
ただ、フルHD以上高画質の動画のアップロードや、大人数が参加するWEB会議などでは30Mbps ほどの速度が必要なケースもあります。

利用している回線が上記の通信速度を満たしているか確認する場合は、スピードテストを行うことをおすすめします。
ダウンロード(下り)速度しか測れないところもあるので、アップロード(上り)の速度も計測できるサイトを3つご紹介します。

Fast.com

Fast.comは大手映像配信サービスが提供するスピードテストで、サイトにアクセスするだけで自動的に通信速度が計測されます。
数秒待てばダウンロード速度が表示されますので、「詳細を表示」を選択するとアップロード速度も確認できます。
シンプルで難しい操作も必要ないので、初めてスピードテストをする方でも使いやすいのが特徴です。

USENスピードテスト

USENスピードテストは、ダウンロード・アップロード・Ping・Jitterの数値が測定できます。
また、用途別の判定結果も見られ、Webサイト閲覧・動画閲覧・ゲーム・ビジネスカテゴリの中の詳細な用途ごとの結果が分かります。

カテゴリ 具体的な用途
Webサービス サイト閲覧/SNS利用/ビデオ通話
動画閲覧 高画質(480p)/フルHD(1080p)/4K
ゲーム オンラインゲーム/スマホアプリゲーム
ビジネス メール ビデオ会議/クラウド利用/大容量通信

上表の項目それぞれに、快適・普通・ストレスの3段階評価がされます。

RBB SPEED TEST 

RBB SPEED TESTは、ニュースメディアが運営している老舗スピードテストサイト。 郵便番号・回線の種類・プラン・回線事業者・プロバイダを選択して測定します。
エリアや回線の種類ごとの速度がランキングで表示され、自分が住んでいる地域ではどの回線が速いかが知れるため、ネット回線の乗り換えを検討している方にもおすすめです。
スマホ用のアプリもリリースされているので、Wi-Fiや4G/5Gの速度も調べられます。

他にも、Googleで「スピードテスト」と検索すると上り・下りの速度が測定されます。サイトを選ぶのが面倒な場合などに利用すると良いでしょう。

ご紹介したスピードテストはいずれも、その時の回線の速さの数値です。 測る時間帯などによっても結果は変わるので、日に数回測るなどをしてご自身のおおまかな回線速度環境を把握するための目安として考えてください。

アップロードが遅い原因

アップロードが遅いと感じる方は、以下の理由が考えられます。

無線接続をしている場合

Wi-Fiルーターやモバイルルーターでの無線接続の場合は、端末にちゃんと電波が届いているか確認してみましょう。Wi-Fiルーターやモバイルルーターに近づくと速度が出る場合は、距離が離れすぎている、電波干渉が起きている、などの可能性が考えられます。家電製品の近くにWi-Fiルーターやモバイルルーターをおいていると、電波干渉することがありますので、家電製品から離した状態で試してみるのもおすすめです。

複数の人と回線を共有している場合

1つの回線を複数人で共有しているのがアップロードの速度が遅い原因かもしれません。共有している人の中に、下記のような人がいると、回線が重たくなっている可能性があります。

・重たいデータをダウンロードしている人
・容量の大きなデータをアップロードしている人
・オンラインゲームを遊んでいる人
・オンライン会議をしている人

また、アパートやマンションなど同じ建物内でインターネット回線を共有している契約プランの場合時間帯によっては混雑が置きやすくなります。時間帯をずらして使うのがおすすめです。

特にネット設備が古いままのマンション等では、建物の共有部分から部屋までの配線に電話回線(VSDL)やLANケーブル を使用しているケースがあり、混雑しやすいようです。

集合住宅で使われる一般的な光回線の最大通信速度が上下共に1Gbpsである一方、VDSL方式は最大100Mbps、LAN配線方式は100Mbps~1Gbpsと大きな差があります。

インターネットネット回線そのものが遅い

契約しているインターネットネット回線そのものが遅い可能性も考えられます。

もしも現在光回線以外のネット回線を使っていて、アップロードが遅いと感じるなら回線自体が遅いことが問題かもしれません。

アップロードが遅い原因への対処法

アップロードが遅い原因が分かったところで、具体的な対処法を見ていきましょう。

有線接続を試してみる

無線接続でネット利用している場合は、LANケーブルを使用する等有線LAN接続をしてみましょう。

有線LAN接続しているのにアップロードが遅い場合は、LANケーブルの規格が古いことが原因かもしれません。
実はLANケーブルの規格によって対応可能な速度は異なります。ずっと同じものを使い続けている方は、下表の規格から回線に合うものを新調されてみてはいかがでしょうか。

規格 対応する最大速度
カテゴリ5 100Mbps
カテゴリ5e 1Gbps
カテゴリ6 1Gbps
カテゴリ6A 10Gbps
カテゴリ7 10Gbps
カテゴリ8 40Gbps

▶参考:https://hikaku.cman.jp/lan_cab...

接続するデバイスの数を減らす

1つのルーターで複数デバイスを利用している場合は、接続するデバイスの数を減らしてみましょう。
ルーターには接続可能台数が定められていますが、対応可能台数以内であっても複数端末が大きいデータを利用すると通信速度が遅くなりがちです。

アップロードが遅い時は不必要な端末を繋げていないか確認し、切断して再度トライしてみてください。

他の人が回線を使わない時間を利用する

一般的に、19時以降の夜間はネット回線が混雑しやすくなります。
データのバックアップや仕事のデータ共有などは、朝~夕方までに済ませておきましょう。
プロバイダ によっては混雑状況をサイトで開示しているので、ご利用のサービスを確認してみてください。

安定した回線に切り替える

慢性的にアップロードが遅いと感じる場合は、安定した回線に乗り換えてみるのも方法のひとつです。
特にモバイル通信やモバイルルーターを利用している方は、光回線への切り替えをおすすめします。

プロバイダへ連絡する

住居環境やデバイス・周辺機器に問題がないのにアップロードが遅い場合、プロバイダのサポートセンターに連絡してみるのもおすすめです。
また、契約しているプロバイダの公式サイトやSNSの公式アカウントに不具合のお知らせなどがないか確認してみてください。
直接問合せをする際は、メールやチャットなどで回線の計測データのスクリーンショットを送るとよいでしょう。

アップロード速度は光回線が速くて安定

アップロード速度を向上させたいとお考えなら、光回線が良いでしょう。
光回線は電気信号を光に変換し光ファイバーで伝送するため、大きなデータでも安定した高速通信が可能です。

契約プランによりますが、ダウンロード(下り)・アップロード(上り)の両方で最大通信速度概ね1Gbpsと、「ダウンロードはいいけど、アップロードが遅い」「リモートワークをスムーズに行うためにアップロード速度を改善したい」といったニーズがある方はご検討ください。

まとめ

今回は、アップロードが遅い場合に考えられる原因とその対処法、影響についてお伝えしました。
ネット回線を選ぶにあたり重要視されることが少ないアップロード速度ですが、SNSや動画サイトへの投稿といった私的な利用から、データ共有やWEB会議など等のビジネスシーンまで影響を及ぼしますので、ぜひ注意してみてください。

教えてくれたのは…

砂流 恵介さん

秋葉原でパソコンショップ販売員の経験を得て、日本エイサーへ入社。宣伝・広報を担当する。2013年に同社を退職後はパソコンを含むガジェットのレビューを様々なWEBメディアで執筆。また、BtoC企業を中心にPR業務やコンサルタント、ゲーム実況配信など、多方面で活動している。

構成・文:Media Beats
編集:マイナビ学生の窓口編集部
協力:東日本電信電話株式会社

「未来とつながる新常識」カテゴリの別のテーマの記事を見る

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催