クレジットカードは未成年でも作れる?未成年がクレカを持つ方法と注意点を解説 |学校では教えてくれない「お金の授業」

学生の窓口編集部

SPONSORED
お気に入り!

あとで読む

大学に進学したり18歳になったりすると、「クレジットカードを作ってみたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

本記事では、クレジットカードを申し込める年齢についてや、未成年のクレジットカード申し込みに親の同意が必要な理由を解説します。

また、親の同意が得られない場合におすすめのほかの支払い手段についても紹介しています。クレジットカードデビューにおいて大切な情報をまとめているので、ぜひ最後までお読みください。

クレジットカードを申し込める年齢は何歳?

高校生を除く18歳以上であれば、未成年でも親権者の同意があれば申し込むことができます。

未成年の場合は必ず親権者の同意が必要になります。そのため、親権者に内緒でクレジットカードを作ることができません。 20歳以上であれば、親権者の同意なしでも作成できます。

クレジットカードを作れる年齢に上限はある?

クレジットカードが申し込める年齢は基本的に18歳以上ですが、上限は特に決まっていません。

ただしクレジットカードを作成するときには審査があるので、審査によっては作成できないこともあります。 クレジットカード会社の審査は収入の安定性が見られることがあります。

未成年がクレジットカードを作るときに親の同意が必要な理由

クレジットカードは、一般的に高校生を除く18歳以上の方が申し込めるものです。そのうち親の同意が必要なのは、未成年の方がクレジットカードを申し込む場合です。

学生であっても、成人の場合は親の同意は不要であることがほとんどになります。 成人の方は申し込みからカードの発行までをすべて1人で完結できますが、未成年の方は必ず親の同意が必要になることにご注意ください。

なぜ未成年はクレジットカードを作るときに親の同意が必要なのかというと、クレジットカードの契約は法律行為にあたるからです。

民法第5条(未成年者の法律行為)には

“1.未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。2.前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。”

とあり、クレジットカードの契約にもこちらが適用されます。

法定代理人は親権者や未成年後見人を指す言葉で、一般的には親のことです。民法第5条に基づき、未成年の方がクレジットカードの契約という法律行為をするには親の同意が必要であり、さらに親の同意がなければ一切クレジットカードを作ることはできなくなっています。

成年年齢引き下げ後は18歳や19歳でも親の同意なしでクレジットカードを作ることができる

2022年4月1日以後は、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。現在では18歳以上20歳未満の方は未成年として、クレジットカードを申し込む際に親の同意が必要となっていますが、成年年齢引き下げ後は18歳や19歳の方も親の同意なしでクレジットカードを作れるようになるのです。

法務省の公式ホームページにも、以下のような記述があります。

“民法の成年年齢には、一人で有効な契約をすることができる年齢という意味と、父母の親権に服さなくなる年齢という意味があります。 成年年齢の引下げによって、18歳、19歳の方は、親の同意を得ずに、様々な契約をすることができるようになります。例えば、携帯電話を購入する、一人暮らしのためのアパートを借りる、クレジットカードを作成する(支払能力の審査の結果、クレジットカードの作成ができないことがあります。)、ローンを組んで自動車を購入する(返済能力を超えるローン契約と認められる場合,契約できないこともあります。)、といったことができるようになります。”

クレジットカードを発行してもらうには審査に通過する必要がありますが、申し込み自体は親の同意がなくても行えるようになるので、18歳と19歳の方は従来よりも手間を省くことができます。

未成年がクレジットカードを作る方法

未成年がクレジットカードを作る方法は、

・本カードを申し込む
・家族カードを申し込む

という2つの方法があります。 ここでは、それぞれの方法について解説していきます。

本カードを申し込む

18歳以上の未成年の方でも、本カードを申し込むことが可能です。 ただし、高校在学中の方はお申し込みができませんのでご注意ください。

家族カードを申し込む

未成年がクレジットカードを作る方法として、家族が持っているクレジットカードの家族カードを作るという方法もあります。

家族カードは、本カードよりも年会費が安く、本カードとほとんど同じ付帯サービスを利用できるお得なカードです。家族カードを作るにあたり、必要な条件をご紹介します。

本会員と生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の同姓の家族は申し込める

「本会員と生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の同姓の家族」であれば、家族カードを申し込むことができます

家族カードは、本会員の信用情報に基づいて審査されるため、家族カードを発行する未成年者に収入がなくても申し込みが可能です。 基本的に、家族カードの利用代金は本カードと同じ口座から一括で引き落とされます。

留学などの理由があれば高校生でも持てることがある

原則、家族カードの発行が可能なのは高校生を除く18歳以上の方です。しかし、高校生でも留学などの理由で家族カードを発行できる場合があります。

クレディセゾンの場合も、留学などの理由によって海外に長期滞在される場合に限り、一部カードで15歳以上の家族カード申し込みが可能です。条件に該当する場合は、カード裏面のインフォメーションセンターへお問い合わせください。

クレジットカードを作りたいけど親の同意を得られない場合は?

現時点では、18歳以上20歳未満の未成年の方は、クレジットカードを作る際に親の同意が必要です。本記事をご覧になっている方のなかには、クレジットカードを作りたくても親の同意が得られないと困っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし現金払いではATMからお金を引き出す手間や財布を持ち歩くリスクなどもあるので、クレジットカードなどのキャッシュレス決済を何としてでも利用したいと考えている方も多いと思います。

もしクレジットカードの申し込みに際して親の同意が得られない場合は、以下でご紹介するほかの支払い手段をご検討ください。

デビットカードを作る

デビットカードとは、店舗でカードを利用して支払ったのと同時に、紐づけられた銀行口座から利用金額の全額が引き落とされる仕組みのカードです。

クレジットカードとは異なり、即時の一括払いしか利用できません。 デビットカードは、クレジットカードと同様にVisa・Mastercardといった国際ブランドが付与されているため、各国際ブランドの加盟店で支払いに利用できます

デビットカードの利用限度額=口座残高となるので、銀行口座の残高以上にお金を使ってしまう必要がないというメリットもあります。

銀行から発行されるデビットカードは、未成年の方の申し込みに際して親の同意が不要な場合がほとんどです。なぜなら、クレジットカードとは異なり即時払いのため、お金を回収できるかわからないというリスクを銀行が抱える必要がないからです。

プリペイドカードを作る

2つ目は、プリペイドカードです。プリペイドカードとは、あらかじめお金をチャージしておき、その金額の範囲内で支払いに利用できるカードです。

デビットカードとは異なり銀行口座が不要なので、銀行口座をまだ開設していない未成年の方も利用できる支払い手段になります。

プリペイドカードも、親の同意が不要な場合がほとんどです。 

若い年齢からクレジットカードを持つメリット

若い年齢からクレジットカードを作る必要はあるのか、疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。 若い年齢からクレジットカードを作るメリットとしては、クレジットヒストリーが築ける点です。

クレジットヒストリーとはクレジットカードの支払い履歴のことで、若い年齢から支払いを積み重ねることでカード会社からの信頼が高くなることが期待できます。

カード会社からの信頼が高くなると、ステータスの高いカードを取得しやすくなったり、利用限度額がアップしやすくなったりします。今後クレジットカードを作る予定があるのであれば、若い年齢から作成して信頼を積み重ねておくことをおすすめします。

未成年がクレジットカードを作る際の注意点

未成年の方がクレジットカードを作る際に注意することは、「親権者の同意を得る必要があること」です。

各カード会社により、親権者同意の確認方法は異なりますが、クレディセゾンの場合は、親権者様へ確認のお電話をさせていただいております。 そちらで確認がとれ次第、カード審査が進むようになっています。

はじめて作る方は知っておこう!クレジットカードの申込みから利用までの流れ

これからクレジットカードを作りたいという方に向けて、セゾンのクレジットカードの申込みを例に、クレジットカードの申込みから利用までの流れを解説します。クレディセゾンカードの申込みは以下のような手順で行います。

1. オンライン・セゾンカウンター・郵送
2. クレジットカード会社による審査
3. 審査通過後郵送もしくはセゾンカウンターでカード受け取り
4. 受け取ったその日から利用可能

ここからはオンラインとセゾンカウンターの申込みの方法を例に挙げて、利用までの詳しい流れをご紹介していきます。

オンライン

オンライン申込みは、クレディセゾンの公式サイトでパソコンもしくはスマホから24時間申込め、空き時間にクレジットカードの申込みができます

情報の入力は画面に表示される指示に沿ってできるので、初めて申込みをする方でも簡単です。 審査結果のメールが到着した日の翌日から数えて3〜7営業日後にカードを郵送で発送されます

受け取りの際に本人確認書類の提示が必要になるので、用意しておきましょう。 またオンラインから申込みをした場合でも、セゾンカウンターでカードを受け取ることは可能です。

即日でカードを受け取りたい場合は、オンラインでの申込み後、セゾンカウンターで受け取るとスムーズです。

セゾンカウンター

ららぽーとやパルコなど全国にあるセゾンカウンターでは、クレディセゾンのクレジットカードの申込みが可能です。申込み後の審査に通過すれば、即日でクレジットカードが発行されます。

セゾンカウンターで申込みをするメリットとしては、店舗の担当者と話しながら申込みができる点です。初めてのクレジットカード作成が不安という方は、セゾンカウンターで担当者の話を聞きながらカードをお申し込みいただくことをおすすめします

未成年や学生におすすめのクレジットカード

クレディセゾンのクレジットカードのなかには、未成年の学生でも親の同意があれば作れるものがいくつかあります。

ここでは学生の皆さんにおすすめのクレディセゾンのクレジットカードをご紹介します。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルーアメックス新規入会キャンペーン

U25応援キャンペーンとして、26歳になるまで年会費は無料です。(26歳以上の方は初年度無料、2年目より3,300円(税込)となっております。)

お申込み資格は18歳以上(高校生を除く)のご連絡が可能な方です。 オンラインで申込み後、セゾンカウンターで受け取る設定をいただくと、クレジットカードの即日発行が可能です。お急ぎでクレジットカードを作りたい場合はぜひご検討ください。

国際ブランドはアメリカン・エキスプレスです。アメリカン・エキスプレスは、JCBとパートナーシップを結んでいるため、JCBのお店でも利用することができます! 1,000円(税込)の利用につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まり、海外利用ではポイントが2倍になります。

さらに「ショッピング安心保険」が付帯されているため、カードで購入した商品が破損・盗難にあってしまった場合、購入日から120日間、年間100万円まで補償されます。 また、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定の優待サービス「アメリカン・エキスプレス・コネクト」も利用可能です。エンターテインメントやショッピング、ホテル、レストランを優待価格で楽しめるため、これから始まる学生生活を充実させるためにフル活用しましょう。

まとめ

本記事では、未成年の方がクレジットカードを作るときの親の同意について詳しく解説しました。

多くのクレジットカードは高校生を除く18歳以上の方が申し込めるようになっていますが、未成年の方は、民法第5条によりクレジットカードの契約に際して親の同意が必要です。2022年4月1日以後は成年年齢が18歳に引き下げられるため現状とは異なってきますが、それまでは注意が必要です。

クレディセゾンでは、親の同意があれば未成年の学生の方でも申し込める、おすすめのクレジットカードをご用意しています。ぜひ人生初めてのクレジットカードとして、セゾンカードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

編集:マイナビ学生の窓口編集部
提供:クレディセゾン

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催