思わず観たくなる! カッコいい映画のキャッチコピー【100連発】

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

思わず観たくなる! カッコいい映画のキャッチコピー【100連発】

新作映画が公開されるときには、その映画の魅力を伝えるべく「キャッチコピー」が付けられます。そのキャッチコピーがかっこいいと、劇場に足を運びたくなるもの。
映画によっては、キャッチコピーの出来が観客動員数を左右することも。今回は映画の「かっこいいキャッチコピー」をまとめてみました。

信じる力が僕らをつなぐ

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年)

行こうぜ、相棒。あんたにしかできないことがある。

『グリーンブック』(2019年)

60秒で世界を救え!

『サイバー・ミッション』(2019年)

その踊りは、死を招く。

『サスペリア』(2019年)
※本作は1977年の同名映画のリメイク。オリジナルと同じキャッチコピー「決して、ひとりでは見ないでください。」も使用されています。

運命を受け入れろ。

『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019年)

そこは音だけが<<見える>>戦場

『ハンターキラー 潜航せよ』(2019年)

俺たちが、すべてを暴く。

『ブラック・クランズマン』(2019年)

全員を疑え。犯人は、この中にいる。

『マスカレード・ホテル』(2019年)

身長1.5センチ 最強のヒーロー&ヒロイン!

『アントマン&ワスプ』(2018年)

戦わなければならない奴がいる。

『クリード 炎の宿敵』(2019年)

音を立てたら、即死。

『クワイエット・プレイス』(2018年)

魂に響くラスト21分―俺たちは永遠になる。

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)

知る覚悟はあるか――。

『ブレードランナー2049』(2017年)

笑うな危険

『帰ってきたヒトラー』(2016年)

見届けよ、最期。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』(2016年)

155人の命を救い、容疑者になった男。

『ハドソン川の奇跡』(2016年)

アベンジャーズ以外、全員敵。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)

見惚れるほどの、復讐。

『ジョン・ウィック』(2014年)

愛がすべてを 変えてくれたら いいのに

『わたしはロランス』(2013年)

最強無敵の、その先へ。

『エクスペンダブルズ2』(2012年)

もう一度――僕に恋してほしい。

『君への誓い』(2012年)

好き。愛してる。あなただけ。忘れない。どれも本当で、みんな嘘。

『恋と愛の測り方』(2012年)

伝説が、壮絶に、終わる。

『ダークナイト ライジング』(2012年)

叶わなかった愛が、いちばん美しい。

『チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~』(2012年)

10万分の1の偶然が、恋に変わる瞬間。

『One Night,One Love/ワンナイト、ワンラブ』(2012年)

全員悪人

『アウトレイジ』(2010年)

二人でいる時だけ、泣けた。

『息もできない』(2010年)

死にたくなければ生まれてくるな!

『ジョニー・マッド・ドッグ』(2010年)

歌ってなんかいなかった。愛を叫んでいたんだ。

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2010年)

最大の武器は、むき出しの正義。

『ロビン・フッド』(2010年)

手首に罠、依頼品は赤い代物

『トランスポーター3 アンリミテッド』(2009年)

装着せよー強き自分

『アイアンマン』(2008年)

行き先、無制限

『ジャンパー』(2008年)

いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2008年)

その瞬間、一つめの誤算。

『その土曜日、7時58分』(2008年)

最凶。

『ダークナイト』(2008年)

ムダに生きるか 何かのために死ぬか お前が決めろ。

『ランボー 最後の戦場』(2008年)

どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか

『秒速5センチメートル』(2007年)

あの男、再起動。

『ダイ・ハード4.0』(2007年)

自分をあきらめない

『ロッキー・ザ・ファイナル』(2007年)

最初の任務は、自分の愛を殺すこと。

『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)

かつて親友だった  同じ女を愛した  今はただ敵と呼ぶのか…

『あるいは裏切りという名の犬』(2006年)

何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。

『カポーティ』(2006年)

私なんか、と何度も思った。お前なんか、と何度も言われた。それでも、立ち上がってみようと思った。

『スタンドアップ』(2006年)

夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006年)

カラダを重ねるたび、唇が嘘を重ねる。

『クローサー』(2005年)

この街では、愛さえも闘い

『シン・シティ』(2005年)

本当の君が見えたら、その瞳を描こう

『モディリアーニ 真実の愛』(2005年)

――どちらが勝っても…人類に未来はない

『エイリアンVS.プレデター』(2004年)

おまえが殺ったことを憶えているか?

『殺人の追憶』(2004年)

あなたは教えてくれた、愛する人の為に一人の戦士となる事を

『マスター・アンド・コマンダー』(2004年)

遠い空の下、僕は世界がめざめる音を聞いた

『モーターサイクル・ダイアリーズ』(2004年)

恐れるな。未来は変えられる。

『ターミネーター3』(2003年)

あなたがバラをくれたから、私は心にケガをした。

『愛してる、愛してない…』(2003年)

生き残るのは、死んでも無理

『デッドコースター』(2003年)

プロの運び屋、依頼品はいつもワケあり。

『トランスポーター』(2003年)

遠くへ行きたい。

『茄子 アンダルシアの夏』(2003年)

ひとりぼっちの暴れん坊。名前はスティッチ。――家族はいない。

『リロ アンド スティッチ』(2003年)

覗いてはいけない愛の果て

『キリング・ミー・ソフトリー』(2002年)

12/7 誰でも逃げる

『マイノリティ・リポート』(2002年)

私の野望が、あらゆる悪と手を結ぶ

『マリー・アントワネットの首飾り』(2002年)

その愛は真実なのに その存在は、偽り

『A.I.』(2001年)

国境線なんか、俺が消してやるよ

『GO』(2001年)

闘うのか。愛するのか。

『ファイナルファンタジー』(2001年)

"さようなら"は言わない、必ず戻るから…。

『パール・ハーバー』(2001年)

約束して、僕のことずっと忘れないって。

『アイアン・ジャイアント』(2000年)

僕たちは、世界で一番美しい魂を握りつぶそうとしていた――

『グリーンマイル』(2000年)

魂の歌声は、誰にも止められない。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000年)

月夜の晩は、なくした首がすすり泣く。

『スリーピー・ホロウ』(2000年)

試されるのは愛か、野望か…?

『ミッション・トゥ・マーズ』(2000年)

その怒りが、すべてを打ち砕く―

『ロミオ・マスト・ダイ』(2000年)

昨日…それは遠い思い出  今日…それは過ぎゆく時  明日…それはこの男の手に――

『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1998年)

世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。

『アルマゲドン』(1998年)

運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。

『タイタニック』(1997年)

守備範囲、地球。

『メン・イン・ブラック』(1997年)

み・ん・な・消・え・る

『12モンキーズ』(1996年)

「7つの大罪」は7人の死で完成する。

『セブン』(1996年)

7月13日(土) 不可能を可能にする

『ミッション:インポッシブル』(1996年)

その時、ふたりの距離は0.1ミリ 57時間後、彼は彼女に恋をした。

『恋する惑星』(1995年)

人の心には誰にも奪えない何かがある。"希望"さ。

『ショーシャンクの空に』(1995年)

世界一、運の悪い奴。

『ダイ・ハード3』(1995年)

いちばん大切なものは、夢ですか、愛ですか。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1994年)

カッコイイとは、こういうことさ。

『紅の豚』(1992年)

銀行強盗とサーフィンに命をかけてもいいかもしれない。

『ハートブルー』(1991年)

仕組まれた2つの現実。

『トータル・リコール』(1990年)

この男のいるところ、いつも喝采…

『カクテル』(1989年)

いつもの風景なのに いつもの街なのに 戦いはもうはじまっている

『機動警察パトレイバー the Movie』(1989年)

戦争で傷つくのは、いつも<青春>

『プラト-ン』(1987年)

この夏=<死のハント>が始まる!

『プレデター』(1987年)

滝の上で起こったことは誰にも語ってはならない。

『ミッション』(1987年)

今度は戦争だ!

『エイリアン2』(1986年)

許せない!! 奴らはただでは済まさぬ!

『コマンドー』(1986年)

男は走り、女はためらう マンハッタン発、愛の終列車――

『恋におちて』(1985年)

クリスティーン――地獄に登録されているクルマ

『クリスティーン』(1984年)

ハルマゲドン接近

『幻魔大戦』(1983年)

5分前は人間だった!

『ハウリング』(1981年)

宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない。

『エイリアン』(1979年)

脱出できるか救出なるか

『タワーリング・インフェルノ』(1975年)

あの頃は すべてがたいせつに思えた 愛でさえも……

『追憶』(1974年)

権力という孤独 愛という哀しみ 男という生き方

『ゴッドファーザー』(1972年)

一気に100個後紹介しましたが、映画のかっこいいキャッチコピーはほかにもまだまだたくさんあります。映画会社のパブリシティー担当者が、できるだけ多くの人の胸に刺さるよう知恵を絞っていますので、キャッチコピーはかっこいいものもそうでないものも、「どれも味わい深い」といえるかもしれません。あなたは、どんな映画のキャッチコピーを「かっこいい」と思いますか?

(高橋モータース@dcp)

もっと映画&ドラマの
コラムを読む!

編集部:いとり

編集部:いとり

好きなものはチョコとビールと音楽と映画。ネトフリ廃人。ときどき絵を描きます。
Twitterで人の「いいね!」欄を見て時間をつぶすのが日課。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催