【インターン体験談】非喫煙者こそ参加したい! たばこを扱う企業の仕事を知れるインターン【学生記者】

みゆ
2017/11/19
企業研究
あとで読む

【インターン体験談】非喫煙者こそ参加したい! たばこを扱う企業の仕事を知れるインターン【学生記者】

こんにちは、慶應義塾大学4年のみゆです。

▼みゆさんの書いた記事をもっとみる
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/219

自分には全く馴染みのなかったたばこ。インターン先としてたばこを扱う企業に応募するのは、正直初めは躊躇したのですが、この会社について知ってみたいという好奇心から参加しました。すると、業務体験を通じて、今まで知らなかったたばこを扱う企業のお仕事のおもしろさを感じるまでになりました。今回はそのインターン体験についてご紹介します。

■基本情報

内定業界:メーカー
インターンに応募した社数:10社
インターンに応募した時期:大学3年の10月
インターンに応募した会社の業界: メーカー(たばこ)
インターンの日数:5日間

■インターンに参加するための選考内容は?

エントリーシートの提出、動画面接(10分程度)、本社ビルでの面接(学生2:面接官2)を行いました。

■インターンの選考の難しいところや突破のコツは?

たばこを扱う企業だったのですが、自分自身はたばこを吸わないので、商材に全く馴染みがない状態でした。そのため、インターン選考の参加にあたり、志望動機を明確にすることが非常に難しかったです。また、動画面接は自分で問いに対する答えを録画して送信する形式だったので、内容だけでなく自分が印象よく画面に映っているかどうかを気にしながら撮る点にも苦労しました。ただ、自分の意見を正直に述べることと、たばこという商材に対する理解が企業の方針と合致していることが突破のカギだと思います。

■そのインターンに参加しようと思ったきっかけ

BtoCの商材を扱う企業を志望していた私にとって、メーカーでのインターンシップを中心に探していました。就活をしようと決めたのが大学3年の秋冬頃だったため、夏に集中して開催されるメーカーのインターンには参加できず、秋冬にも開催されているこのインターンを見つけて応募を決めました。せっかくの機会なので、自分に馴染みのない商材でも特性を知ること、その企業で仕事をすることの醍醐味を知ることを目的にこのインターンの参加意欲が高まりました。

次のページインターンシップの内容とは?

関連記事

この記事を書いた人

Thumb 0d974bbfd393729497ad
みゆ
慶應義塾大学 環境情報学部 4年
見た目は中学生、メンタルは冷めたおばさんの20歳。面白いと思ったことを文にするのが好き。女子高生を中心とした学生の皆さんにバイオの魅力を伝えたい。普段は農学を中心に学んでおり、環境負荷をできるだけかけずにイネを育てるための研究生活をしている。この研究テーマを選んだのは食べることが好きだからで、肉料理には目がない。から揚げ屋さん巡りが趣味の1つ。
もっと見る

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催