【バイト体験談】高時給がうれしい! 憧れの有名チョコレート店での季節限定バイト【学生記者】

みゆ
2017/10/22
バイト体験談
あとで読む

【バイト体験談】高時給がうれしい! 憧れの有名チョコレート店での季節限定バイト【学生記者】

こんにちは、慶應義塾大学のみゆです。

▼みゆ さんの書いた記事をもっとみる
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/219

女子ならみんな大好きなチョコレート。おしゃれなチョコレート店で、かわいい制服を着て接客してみたい! と思っている女子大生も多いと思います。なにを隠そう私もその1人で、実際に某有名チョコレート店でバイトをしたことがあります。そこで今回は、バレンタイン期間限定で2週間アルバイトをした経験から、チョコレート店でのアルバイトのメリット・デメリットについてご紹介します。

■基本情報

ジャンル:大手チョコレート店
仕事内容:レジ打ち、品出し、お客様への接客、呼び込み、サンプル作りなど
時給(交通費あり):時給は破格の1250円。交通費別途支給あり。
シフト:早番9:00~18:00、遅番12:00~21:00で週5日程度。1時間休憩あり。
家からの距離:家からバスで40分。

■身だしなみについて

トレードマークの茶色い帽子とスカーフは貸与されました。その他は白シャツ・黒いパンツ(デニムNG)・黒いカーディガン・黒い靴と指定されていました。食品を扱うバイトなので、ネイル・ピアスはNGでした。メイクは必ずしなければならず、ナチュラルメイクと指定があります。髪色は暗めの茶髪までならOKです。これに関しては面接の際に髪色パターンと合わせて、基準以上の暗さかどうかチェックされます。また、前髪はピンで留めて帽子にしまう・肩につく髪は黒か茶のゴムでまとめることも必須です。気品と伝統のあるお店なので、服装規定は通常のバイトよりもかなり厳しかったです。

■バイトで学んだこと

幅広い仕事内容だったので、接客やレジ打ちだけでなく品出しのような力仕事も経験できました。これらの業務は初めてだったので、戸惑いや他のスタッフさんの足を引っ張ることも多々ありましたが、お客さまの立場を考え抜くことは一番学べたことでした。例えば、商品のサンプリングをしていたとき、「今日は買わないけれど頂いていいのかしら」という声をよく頂いたのが印象的です。もちろん、店員としては商品を買ってもらうことも大切ですが、その場で必ず買わせようとするのは私自身嫌だと感じていました。あくまでも、サンプリングでは商品を知ってもらうことだけを目的に、誠意を持って接客するよう心掛けました。

結果として後日再びお店に来て商品を買ってくださったときや、「この前頂いたチョコレートが忘れられなくて来たわ」と言ってくださったときは、自分が貢献できたことを実感しました。このバイトで学んだ「お客さまの立場に立って自分なりに行動すること」は、後の就活や社会人生活でも役立つと思っています。

次のページこのバイトのつらいところとは?

関連記事

この記事を書いた人

Thumb 0d974bbfd393729497ad
みゆ
慶應義塾大学 環境情報学部 4年
見た目は中学生、メンタルは冷めたおばさんの20歳。面白いと思ったことを文にするのが好き。女子高生を中心とした学生の皆さんにバイオの魅力を伝えたい。普段は農学を中心に学んでおり、環境負荷をできるだけかけずにイネを育てるための研究生活をしている。この研究テーマを選んだのは食べることが好きだからで、肉料理には目がない。から揚げ屋さん巡りが趣味の1つ。
もっと見る

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「バイト・家庭教師」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催