世界でいちばん幸せな国! フィジー滞在で学んだこと【学生記者】 2ページ目

ユコ!

お気に入り!

あとで読む


■プログラムでの体験談

フィジー到着1日目、船上にてレセプションが行われ、フィジーの現大統領、前大統領、外交官などにお会いすることができました。現大統領はすごく気さくな方で、私たちとフレンドリーにお話し、握手をしてくれることも。さらに、町を歩けば誰もが笑顔で「Bula!」とあいさつしてくれ、村では親身に助け合う慣習を肌で感じました。国のトップである大統領を含め、国民みんなが優しさや思いやりを持っていることが、フィジーが幸せな国であるひとつの要因なのかもしれないと感じました。

■フィジーから学んだこと

日本と比べまだまだ発展途上国であるフィジーですが、世界で一番幸せな国に選ばれている理由はなんなのか、フィジー滞在中ずっと考えていました。日本人は物質的欲求で幸せを満たしていることが多いように感じますが、目に見えない優しさや思いやりを他人に与えることで幸せを感じて、自分も他人も幸せになることができているのではないかと思います。

■まとめ

国民みんなが幸せを感じて生きている国フィジー。フィジーには現地の留学エージェントも存在しているので、短期留学先への候補に入れてみては? 日本のせかせかした環境から抜け出すのにおすすめの国です。

文・ユコ!
2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催