【バイト体験談】たこ焼き屋のバイトって? おいしいたこ焼きを作ろう!【学生記者】

@Gen
2017/08/13
バイト体験談
あとで読む

【バイト体験談】たこ焼き屋のバイトって? おいしいたこ焼きを作ろう!【学生記者】

こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。

▼@Genさんの記事をもっと見る
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/463

みなさんは普段、たこ焼き屋さんに行きますか?たこ焼きってあつあつでおいしいですよね。自宅で作って食べるのもいいですが、たこ焼き屋さんで食べるのもまたおいしいもの。今日は私の体験したアルバイトの中から、たこ焼き屋のバイトについて紹介します。

■基本情報

ジャンル:飲食
仕事内容:たこ焼きを作る
時給(交通費あり・なし):時給は1000円。交通費別途支給あり
シフト:10~19時  

■身だしなみについて(バイト中の服装、髪の毛の色の規定やネイル、化粧、ひげなども)

髪の毛を染めていることは問題ありませんが、大きめのピアスは外したほうがいいでしょう。制服は、エプロンを貸し出してくれます。

■バイトで学んだこと

私の場合は、近所のたこ焼き屋のおじさんに頼んで1日限定でアルバイトをやらせてもらいました。それまでにもちょいちょい手伝っていたので、たこ焼きの作り方は一応学んでいる状態でした。

たこ焼き屋はお客様との距離がとても近いので、「これはいまいちだけど、これはおいしい」という味の感想や「いつものおじさんじゃないのね」など、お客さんの反応がダイレクトに見られます。お客さんの声を直接聞けるので、すぐに改善ができてとてもいいと思います。また、アルバイトをしたたこ焼き屋のおじさんはその地域の名物おじさんだったので、いろいろな常連のお客様が毎日来ていました。たこ焼きを食べるというより、おじさんと話をすることが楽しみで来ているのだとわかり、商売の本質を見た気がします。

■バイトをやっていてつらかったこと

そもそも固定客がいたので集客で困ったことはありませんでした。しかし途中で雨が降り出した際、雨の中傘を持たずに歩いている方がいたのですが、一人でお店に立っていたので目が離せず、助けてあげることができなかったのが心残りでした。最悪なことにお店の傘は全部貸し出し中でしたし、困った人が目の前にいても動けなかったことに自分の準備不足とふがいなさを感じました。

■おすすめポイント

人と話すことが好きな人や、相手のためになにかしてあげたいという人にはおすすめの仕事だと思います。飲食店の中でも特に人と接する距離が近いので、コミュニケーションを取ることが苦でないタイプなら向いているでしょう。たこ焼きを作っているときは、子供がそばに来て「すごいねー」とか話しかけてきてくれます。お客様の反応を目の前で見られるのはたこ焼き屋ならではないでしょうか。

■まとめ

たこ焼き屋のバイトは、今回はおじさんと仲がよかったからこそお願いできたということもあると思います。しかし、やりたいことは全部やってみるべきだと思います。たいていやってみるまでは無理な気がしますが、熱意とビジョンと相手へのメリットを示せばなんとかなります。それと誠実さも必要ですね。やりたいことはすべてまず挑戦することで、どれが自分に向いているのか。なにをすれば自分はやりがいを感じるのかなどを試せると思いました。

たこ焼き屋の1日バイトを経験した今は、暑い中毎日たこ焼きを焼いているおじさんに対して改めて脱帽の思いです。興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

文・@Gen

関連記事

この記事を書いた人

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「バイト・家庭教師」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催