先輩が教えるプレゼン上達術!超基礎編―意外と見落としがちな3つのポイント― 2ページ目

学生の窓口編集部
2015/04/30
授業・履修・ゼミ
あとで読む

◆ポイント【3】前向きな気持ちで挑もう!

せっかくプレゼンテ―ションをする機会なのですから、「プレゼンをしなきゃ…」「プレゼン嫌だな~」という後ろ向きな気持ちではなくて、「プレゼンできる!失敗したっていい経験になるはず!」「やるからには精一杯頑張ろう」と前向きな気持ちで挑むようにしましょう。後ろ向きな気持ちで挑むのと前向きな気持ちで挑むのとでは、当日に大きな差が出てしまいます。プレゼンできるのは良い機会だと捉えて、前向きに取り組むと準備にも力が入り結果的に上手に発表できる傾向があります。

いかがでしたか? 今回は超基礎編ということで、意外と見落としがちな3つのポイントを紹介しました。

【1】発表内容を理解しておく

【2】プレゼンテーションには準備が大切

【3】前向きにプレゼンの機会を考える

言われてみれば、当たり前だと思う内容だったかもしれませんが、実は見落としていた内容だったのではないでしょうか。今回、紹介した内容は基礎中の基礎。超前提の内容ですが大事なポイントです。プレゼンテーションが控えている方は是非、意識してみてください。今後、プレゼン上達術!基礎編やトーク編なども予定しています。お楽しみに!

(文・アクティー山田)

関連記事

関連キーワード

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催