4年間で250単位以上取得した学生に学ぶ! 単位をたくさん取って学生生活を充実させるコツ【学生記者】 4ページ目

山D

お気に入り!

あとで読む

目次
  1. ◆プロフィール
  2. よい習慣がよい大学生活をもたらす!
  3. 大学生活を通して、なにかに継続して取り組もう!
  4. 最後にこれだけは伝えたい! 大学生活について
<最後にこれだけは伝えたい! 大学生活について>

◆大学の授業は楽しい

まずひとつ言えるのは、大学の授業はおもしろいです。「座学ばかりでつまらない……」「社会に役立たないことばかり扱っている」「大学に通っても意味がない」と思っている方もいるかもしれませんが、学外と連携したり、授業内で事業をやってしまう授業だったり、教室で一回も授業をしない授業だったり、実践的な授業はたくさんあります。あなたが知らないだけ、履修しようとしていないだけで、実践的でおもしろい授業はみなさんの大学にもあるはずです。

座学中心の授業だって、為になる授業はたくさんあります。Kくんは「いろいろな知識に触れること」が、Hくんは「専門家である教授たちが、自分たち大学生にわかりやすく伝えてくれていること」がおもしろいと言っていました。つまらないと思って授業をあまり聞かなかったり、携帯をついついいじっているその習慣を少しでも変えてみたら、もう少し授業が楽しいものになるかもしれませんよ!

社会人になっている先輩や友人たちは「あれだけしっかり学べる環境があった大学生活ってけっこう貴重だったな」と口を揃えて言います。学ぶべきは今なのです。遊ぶべきも今ですが(笑)。

◆大学生活は楽しい

大学生活はとても楽しいです。話を聞いたKくん、Hくんも言っていましたし、筆者もそう思います。大学生である間はもちろんのこと、大学生活4年間が終了した瞬間や、卒業後に振り返っていくなかで、「ああ、楽しかった」ということをじわじわと感じられるはずです。ときには試験が大変だったり、課題が大変だったり、楽しいことばかりではないでしょう。でも、4年間トータルすると、きっと多くの人にとっていい思い出となっているはずです。

なかなか物事がうまくいかないときがあるかもしれません。4年間もの時間があるわけですから、いろいろなことがあって当然です。一つひとつ、目の前のことに向き合って丁寧に取り組んでみてください。きっと、ご自身の人生を彩る大切な1ページとなるはずです。

◆大学生活は自由

大学生活は高校までとは比にならないくらい自由です。とにかく選択の幅が広く、自分次第でどうにでも大学生活は変わっていきます。十人十色という言葉が本当にぴったりなくらい、一人ひとり全く異なる大学生活を送っています。自由に使える時間が多いからこそ、自分がなにをしたいのか、なにをするのかを明確に意識してみてください。そうすることで、この4年間は大きく変わっていくはずです。ぜひ「明確な目的意識」を大切にしてみてくださいね。

サークル一色のキャンパスライフでも、アルバイト三昧の生活でも、ほとんどの時間を旅行に費やした大学生活だって、単位を4年間で250単位以上取得する授業づくめの大学生活だっていいんです。せっかくの大学生活ですから、思いっきり楽しんで、「あなた色の大学生活」を描いてみてくださいね。

いかがでしたか? 以上で「実録!4年間で250単位以上取得した3人の大学生」シリーズはひとまず完結です。ところどころ単位の話とは離れてしまったところもありましたが、みなさんになにかひとつでも刺さるもの、参考になることがあったらうれしいです。

文・山D

1 2 4

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催