一人暮らしの先輩直伝! 洗濯がちょっと楽しくなる心得3カ条 2ページ目

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

●洗濯物はハンガーのまま。そしてキレイに整列させるべし!
「洗濯済みの服は全部、洗濯カゴの中で山積みです。着るときに取り出そうとすると、なだれが起きて大惨事。おまけに服はしわくちゃで、パンパンはたいて必死に伸ばしてます。急いでいるときはイライラしますね」(文学部・1年男子)

取り込んで、たたんで、しまう。家事の中で唯一機械化されていないこの作業を面倒に感じる人も多いはず。ならば、たたまずハンガーにかけっぱなしにするのも手ですが、ただかければいいというものではありません。ものぐさをするとこんなことにも……。

「カーテンレールや鴨居、ドアノブなど引っ掛けられるところはすべてハンガーを引っ掛けています。どこを見ても洗濯物という状態で、圧迫感がすごいんです。ただでさえ狭いワンルームなのに3割減に感じますよ」(現代福祉学部・2年男子)

押入れにつっぱり棒を渡したり、ハンガーラックを使ったりしてキレイに整列させると、こういったストレスから解放されます。色や形、大きさをそろえると、さらに見栄えが良くなってスッキリ感が段違い。

以上、3つを紹介しました。洗濯の醍醐味は何といっても、終わった後のスッキリ感! さっぱり乾いて、キレイに整列した服を眺めれば、ずぼらなあなたもきっと達成感を味わえるはず。ぜひ、そんなことをモチベーションに洗濯をがんばってみてください。

(文・インパクト)
2

関連記事

「入学・新生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催