女子会での悩み相談! ほしいのは共感or具体的アドバイスどっち? 女子大生の多数派は

学生の窓口編集部
2017/03/03
恋愛
あとで読む



恋の悩みや進路の相談など、あなたは誰にすることが多いですか? 恋人や男友達にするという人もいるかもしれませんが、女友達についついしてしまうという女子大生が多いでしょう。一般的におしゃべりが大好きだとされる女性は、男性に比べ悩み相談も多いのかもしれません。そこで、その相談、ただ話を聞くだけで満足なのか、的確なアドバイスがほしいのか、女子大生に話を聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
男女差あり! 異性の友人に恋人の悩み相談ってする? 女子は6割が経験済み! 一方男子は……

悩み相談を同性にするときはアドバイスがほしいですか? それとも共感がほしいだけですか?

アドバイスがほしい 64人(57.1%)
共感がほしいだけ 48人(42.9%)

■そう思う理由を教えてください
●アドバイスがほしい!

・自分ではよくわからないので考えてほしい(22歳/大学4年生)
・他の人に意見を聞いて、どうするか考えたいから(22歳/大学4年生)
・アドバイスがほしいから言っている(23歳/大学4年生)
・「こうしたほうがいい」と言われると安心できるから(25歳/大学院生)
・自分じゃ解決できないときに相談しているから(22歳/大学4年生)
・共感からは何も生まれないから。解決策がほしくて相談しているから(22歳/大学4年生)
・自分だけでは選択肢が狭いと思うから(23歳/大学4年生)
・アドバイスがないとなんのために相談するのかわからない(22歳/大学4年生)

次のページ共感がほしいという女子大生は……

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催