女子会での悩み相談! ほしいのは共感or具体的アドバイスどっち? 女子大生の多数派は 2ページ目

学生の窓口編集部
2017/03/03
恋愛
あとで読む
●共感がほしいだけ


・話のネタとして話しているだけだから(22歳/大学4年生)
・聞いてくれればいいかなと思う(22歳/大学4年生)
・発散することが大事(22歳/大学4年生)
・聞いてくれるだけどすっきりするので(26歳/その他)
・相手に話をしているうちにスッキリしてきてそれで満足するから(22歳/大学4年生)
・パニックにならないように導いてくれて、同意してほしいから(22歳/大学院生)
・話すだけで満足するから(22歳/大学4年生)
・悩み相談をするときには、自分の中で答えが出ている(22歳/大学4年生)

約6割の女子学生がアドバイスがほしいと答えました。やはり悩みは、ただ話せればいいだけではないのですね。しかしコメントにもあるように人に話すことで自分の考えがより鮮明になる効果はあります。ちょっとしたおしゃべりに付け加えて、ちょっとした悩みを相談するのも解決の近道なのかもしれません。

いかがでしたか? 相談を受けるときに一番難しいことは、内容への返答ではなくて、相手がどんな態度を望んでいるかを読み取る事なのかもしれません。悩みを聞くほうも大変ですが女友達から相談されたときは相手が求めていることを読み取れるように話を聞くようにしましょう。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年1月
調査人数: 女子大生112人

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催