ついかさばってしまう! プリントや資料をきれいにまとめて保管する方法5つ

編集部:はまみ
2016/09/21
授業・履修・ゼミ
あとで読む

ついつい大量になってしまう!綺麗にプリントをまとめるには

大学生であれば、授業などによって次から次へと新しいプリントを配布されることってありますよね。なかには処分しても大丈夫なものもあれば、後々使うことがあるので保管しておかなければいけないものもあります。そんな大量のプリントをきれいにまとめる方法をご紹介しましょう。


【プリントをきれいにまとめるアイテムは?】

大量に溜まってしまった授業のプリント……でも、いつ使うことになるかわからないですよね。使いたくなった時に簡単に探せるように整理しておくととても便利です。

■クリアファイル

持ち運びが簡単にできてとても便利なアイテムです。自分で教科やジャンルに分けてしまっておくと綺麗に収納ができます。しかし、プリントを入れれる枚数が限られたり、プリントがはみ出してしまうこともあるので注意しましょう。

■クリアブック

こちらも持ち運びにとても便利です。1ページに1枚という風に入れておけばプリントを取り出さずに見ることもできるのが魅力です。ですが、1冊が比較的すぐに埋まってしまうという点もあります。

■個別フォルダ

プリントをしまいやすいのがこの個別フォルダです。ですが、紙製のものだと持ち運びには適していないので、PP製のものがオススメです。何か入っているのか見出しなどをつけておかなければいけないので手間が少しかかってしまいます。

次のページほかにもこんな方法が!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催