【東大生の頭脳に挑戦】あなたの注意力を試す! 「小学生にもできる」計算問題【学生記者】 2ページ目

QuizKnock(クイズノック)

お気に入り!

あとで読む

A1:正解は3

5位の人を抜かしたということは、それまであなたは6位だったのですから、現在は5位です。

A2:正解は3


端から0m、5m、10m、15m、20m、25mのところに植えなければならないので、全部で6本必要です!25m÷5で5本と計算しそうになりますが、間隔が指定されているこのような問題では+1本しなければなりません。これは「植木算」といって、小学校の算数で非常によく出てくる問題です。みなさんは覚えてましたか?

A3:正解は1

芥川龍之介『蜘蛛の糸』リスペクト問題でした。実際のお話ではカンダタは天国にたどり着けず、地獄に真っ逆さまに落ちてしまいます。昼夜あわせて、1日で50m分上昇するので、1000÷50で答えは20日……ではありません!


18日目で900m登ったあと、19日目の昼でさらに100m登るので、19日で登りきることができます。

A4:正解は1

水と塩を1:1で混ぜているので、答えは100%! ではありません。数学的に考えると、できるはずの食塩水は40g、そのうち塩が20gなので、濃度は50%になります。しかし、実はこれも不正解! 二重のひっかけ問題でした。引っかかりましたか? 実際には、普通の1気圧において塩は水におよそ25~30%程度しか溶けません! なので溶け残りが発生して、正解は約30%となります。数学だけでなく、化学に関する注意力があるかどうかも試す問題でした。あなたは騙されずに解けましたか?

これらの問題、からくりを知らない人にとっては、かなり難しかったのではないでしょうか?初見で当てられた方は、かなりの算数的センスがありますよ!

※元記事はこちら

QuizKnock(クイズノック)
QuizKnock ( http://quizknock.com)は、「身の回りのモノ・コトをクイズで理解する」をコンセプトとした東京大学発の知的メディアです。話題のニュースやお役立ち情報、マニアックなテーマまで、幅広い情報をクイズ形式にてお届けします。

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催