朝の嫌われ者……知られざる「目覚まし時計」のなが~い歴史

編集部:はまみ
2016/07/03
入学準備・新生活
あとで読む

知られざる目覚まし時計のなが~い歴史

叩かれようと、無視されようと、わたしたちを朝起こしてくれる目覚まし時計。こんなに毎日お世話になっているのに、実は彼らのもつ長い歴史のことはあまり知られていません。今回は知られざる目覚まし時計の誕生秘話をお伝えします。

伝説では目覚まし時計を発明したのは紀元前4世紀のギリシャ哲学者プラトンだったとか。彼は夜ねむるのを防ぐために水の力を利用して毎時間ごとにフルートを鳴らす時計を発明したといいますが、残念ながら文献などは残っていません。

ほかにも、ギリシャ神話の中にニワトリが朝鳴く理由を説明した逸話が残されており、どちらにせよ遥か昔から目を覚ますための道具は存在していたようです。

中世ヨーロッパでは監視兵が街の人を起こしていました。当初は朝のお祈りのためでしたが、市場やお祭り、また火の用心のために4キロごとに設置されている鐘を鳴らしていたのです。

機械式目覚まし時計の誕生は13世紀後半のこと。もちろん最初にあてがわれたのは監視兵。市民への普及はもっと先、産業革命後の19世紀末でした。その間に使われていたのは釘を埋めこんだろうそく。時間がたつと蝋がとけて、地面に音をたてて落ちるというわけです。

19世紀末になると富裕層に「台所用タイマー」が出まわり始めましたが、庶民にはまだ高嶺の花でした。その後、1940年に音楽やアラーム音が収容された時計が開発され、1950年代になってやっと市民の枕元に置かれるようになったのでした。

参考:Comment se r?veillait-on avant l'invention du r?veil?
slate.fr 15.04.2015

関連記事

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催