運転免許なしからのスタート! 青山学院大学体育会自動車部の女子部員にインタビュー

編集部:はまみ
2016/10/31
大学生インタビュー
あとで読む



2014年に全日本F3選手権で優勝した三浦愛選手をはじめ、日本でもモータースポーツの世界で活躍する女性が増えていますが、大学の「自動車部」の中にも、女子部員が目覚ましい活躍をしている部があります。青山学院大学体育会自動車部もその一つ。8月に行われた「全日本学生ダートトライアル選手権大会」の女子団体で優勝し、「全日本学生ジムカーナ選手権大会」でも女子団体で準優勝を果たすなど、関東の強豪です。そこで今回は、この青山学院大学体育会自動車部の女子部員の皆さんに、入部したきっかけや部の魅力などを聞いてみました!

■免許もない状態から全国屈指の強豪に!

今回お話を伺ったのは、中司優里さん(国際政治経済学部4年)と山下和歌子さん(経済学部4年)です。お二人は青山学院大学のダブルエースと称されており、さまざまな大会で好成績を残しています。

――まず、青山学院大学体育会自動車部についてですが、その歴史や部員数など教えてください。

中司さん 青山学院大学体育会自動車部は1931年にモータークラブとして発足しました。近年では部員数も増え、現在では29名(男子25名、女子4名)の部員が所属しています。

――自動車部では普段どんな活動をしていますか?

山下さん 自動車部が参戦している主な競技は「ジムカーナ」「ダートトライアル」「フィギュア」があり、それぞれに全関東と全日本の大会が存在します。その大会に向けて、ガレージで整備を行ったり、大学の駐車場を貸していただき練習を行っています。また定期的にサーキットに行き、走行練習も行っています。

※ジムカーナ……コースに置かれたパイロンを回るスラローム競技

※ダートトライアル……未舗装のコースを走り、タイムを競う競技

※フィギュア……運転の正確さとタイムを競う競技

――お二人が自動車部に入ろうと思ったきっかけはどんなことですか?

中司さん 新入生勧誘行事がきっかけです。大学から何か新しいことを始めたくて、自動車の免許すら持っていなかったのに入りました。

山下さん 私は運転がうまくなると誘われました。住んでいる所は車での移動の方が楽なので、早く家の車を運転したくて入りました。実際普通の大学生よりはうまくなったと思います。

――実際に大きな大会で総合優勝を果たしたりしていますから、普通の人に比べて格段にうまくなったといえるでしょうね。

次のページ自動車部の活動で特に楽しいのはどんなこと?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催