運転免許なしからのスタート! 青山学院大学体育会自動車部の女子部員にインタビュー 2ページ目

編集部:はまみ
2016/10/31
大学生インタビュー
あとで読む
■ひと夏で総移動距離1,000キロ! 遠征は大変!

――自動車部の活動の中で、特におもしろいこと、魅力的なことは?

中司さん 活動のメーンとなるのが、毎年行われる全関東戦と全日本戦なのですが、特に全日本戦は全国から強豪が一堂に会するビッグイベントです。勝利を目指すのはもちろんですが、そこで同じクルマに乗っている学生との出会いやパーツ交換など、他大学の自動車部との交流も魅力だと思います。

山下さん 競技としてはスピード感とスリルが魅力だと思います。あとは、遠征でみんなといろんな所に行けることですね。ひと夏で総移動距離1,000キロメートルは超えますよ。

――総移動距離1,000キロメートルですか……楽しいだけでなく、大変でもありますよね。他に自動車部の活動の中で「こんなことが大変」というのは?

中司さん 相模原にあるガレージでの週2日の活動に加えてサーキットにも遠征するので毎日非常に忙しいです。というのも、サーキットは都内にあるわけではないので。栃木や富士、遠い所であれば広島まで行くので……。

――広島遠征は確かに遠いですね……。

山下さん 遠征だけでなく早起きも大変ですね。一番遠かったのは広島県安芸高田市なのですが、試合車両は自分たちで運ぶ必要があるため、毎回クルマでの移動です。試合も早朝から始まるので、4時に起床は当たり前です。片道12時間の長旅と早起きで体力と気力が鍛えられました。

――お二人は憧れの選手や尊敬している選手はいますか?

中司さん 私は佐藤琢磨さんですね。

山下さん あまり詳しくないのでプロの世界は分かりませんが、練習で指導しに来てくださる先輩方、そして一緒に練習する仲間の走りは見ていて毎回勉強になっています。

――特に好きな車はありますか?

中司さん シビックが好きです。VTECエンジンが好きなので。

山下さん 私はスイフトスポーツです。コンパクトで走りやすいし、頑丈で壊れないので好きです。

――お二人は4年生ということで、自動車部での活動も残り少ないと思いますが、今後の展望はありますか?

中司さん 自動車部員としての活動はもう残り少ないので、その中でも一生懸命自分のできることをして、悔いのないものにしたいです。

山下さん 卒業後も競技を続けていきたいです。カートもやってみたいですね。さまざまなモータースポーツを経験してみて、一番やりたいと思ったものを続けていきたいと思います。

――この先、もしかしたらより大きな舞台でハンドルを握ることになるかもしれませんね! 本日はありがとうございました。

「新しいことをしたい」「運転がうまくなりたい」ということで入部し、そこから全国屈指の実力者となったお二人。のんびりと自分なりの4年間を過ごすのもアリですが、やはり大学に入ったからには、何かにチャレンジする方が充実した学生生活となるでしょう。これを読んでいる皆さんも、お二人のように大学で新しいことにチャレンジしてみてはいかがですか?

青山学院大学体育会自動車部のHP
http://www.intercast.co.jp/agac/

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催