覚えて使いたい! 海外の「メリークリスマス」を意味する言葉9選

編集部:はまみ
2016/10/27
学生トレンド
あとで読む



12月25日はクリスマス。あちらこちらで「メリークリスマス!」という声を耳にし、またその文字を見掛けると思います。この「メリークリスマス」は英語由来の言葉ですが、英語圏ではない国、例えば中国やフランス、ドイツなどでは、どういった言葉が「メリークリスマス」の意味で使われているか皆さんご存じですか? 今回は、海外のさまざまな国の「メリークリスマスを意味する言葉」を紹介します。

●英語では「Merry Christmas」

英語ではもちろんMerry Christmasです。ただアメリカではキリスト教徒以外の人も多くいるため、どのような人にも対応できるよう「Happy Holidays」を使う風潮があるそうです。もしかしたら日本もそうなるかもしれませんね。

●中国語では「聖誕快楽」

中国語でクリスマスは「聖誕節」と書き、これは「キリストの誕生日」という意味になります。「快楽」は「楽しい」という意味なので、聖誕快楽と書いてメリークリスマスです。聖誕節は以前は孔子の誕生日のことを指していたそうです。

●フランス語では「joyeux noël」

英語のMerry Christmasとは全く異なる表記ですが、フランス語ではこれがメリークリスマスという意味。joyeux(ジョワイユ)は「楽しい/喜ばしい」という意味の言葉で、「noël」(ノエル)がクリスマスという意味になります。

●イタリア語では「Buon natale」

Buon(ブォン)は「良い」という意味で、あいさつに使う「Buon giorno」(ボンジョルノ)にも使われています。natale(ナターレ)は「クリスマス」を指す言葉ですが、本来は「生まれる」「生誕」といった意味の言葉です。

●ドイツ語では「Frohe Weihnachten」

ドイツではこれが「メリークリスマス」という意味の言葉です。「フローエ ヴァイナハテン」と読み、Froheは「喜ばしい」や「楽しい」といった意味、Weihnachtenがクリスマスという意味です。

次のページクリスマスソングで耳にすることも? スペイン語の表現

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催