「お名前を頂戴できますか?」は敬語として正しい? 名前を尋ねるときのマナーと正しい敬語表現

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

あなたは何かサービスを受けたり予約をする際に「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験、あるのではないでしょうか?

相手に失礼のないように名前を聞く敬語表現として、「お名前を頂戴できますか?」を使う場面は多くあります。

しかし、「お名前を頂戴できますか」というフレーズは、果たして正しい表現なのでしょうか?

そこで今回は、「お名前を頂戴できますか」という表現について深堀してきます。

「お名前」は「頂戴する」もの?

「お名前を頂戴できますか」の言い切りの形は、「お名前を頂戴(ちょうだい)する」です。

名前はモノではありません。

「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」「ちょっとおかしい」という疑問がわく方もいることでしょう。

「お名前を頂戴できますか」を細かく見てみよう

「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語だと言えます。

そのあとに続く「頂戴する」は、自分よりも目上の相手から何かを「もらう」際の謙譲語なので、形だけをみると敬語に見えますよね。

謙譲語とは?
相手より一歩下がった立場として使う言葉のこと

しかし、「頂戴する=もらう」という表現は一般的に「もの」について使う言葉です。

つまり「お名前を頂戴できますか」という表現は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、敬語としては間違った表現だと言えます。

どうして誤用されているの?

一説によれば、名前を聞く敬語表現の「お名前をお聞かせいただけますか」と、名刺をもらう際の敬語表現「お名刺を頂戴できますか」が混同され、誕生したようです。

相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは?

では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか?

「お名前を頂戴できますか」をベースにして、おすすめの表現方法をご紹介します。

「お名前」は原則そのままでOK

「お名前」は丁寧語表現なので、そのままで大丈夫でしょう。

中には、「名前」と言われても名字だけしか答えてくれない方も一定数存在します。

フルネームをストレスなく答えてもらうえために、「フルネーム」という単語を入れると便利です。

「頂戴できますか」は適切な敬語表現に

「頂戴できますか」は、本来の「もらう」という表現ではなく言い換える必要があります。

以下の言葉が「頂戴できますか」の類語表現ですので、参考にしてみてください。

「頂戴できますか」の代わりに使える類語表現
「お聞きできますか」
「お伺いできますか」
「お教え願えますか」
「お聞きしてよろしいですか」など

「お名前を頂戴できますか」の言い換え!例文つき

以下の例文のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。

丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。

「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いしてもよろしいですか?
「お客様情報を確認しますので、お名前を確認させてください。
「大変恐縮ですが、お名前をお聞かせ願えますか?
「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?
「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えますか?
「それでは、お名前をフルネームでお願いします。
「失礼ですが、どちら様でしょうか?
「大変恐縮ですが、お名前は何とおっしゃいますか?

【注意】「お名前をいただいてもよろしいでしょうか」や「お名前様」もNG

一見正しいように見える「お名前いただいてもよろしいでしょうか」や「お名前様」ですが、「お名前を頂戴できますか」と同じくNG表現です。

「お名前」に「様」は不要

「様」をつけることでさらに敬意を表せると勘違いされがちですが、「お名前様」とすると「お」と「様」の二重敬語表現となってしまいます。

「様」は人格があるものに対してつけるものです。

「名前」は相手に敬意を込めるものの、「名前」という言葉には人格がありません。

同じ観点から、「社長様」や「各位様」という表現も誤用です。

「お名前をいただいてもよろしいでしょうか」は誤用

「お名前を頂戴できますか」同じような表現で「お名前をいただいてもよろしいでしょうか」がありますが、残念ながら誤りです。

「いただく(頂く)」は「頂戴する」と同じ「もらう」の謙譲語であるため、注意しましょう。

まとめ

相手に名前を聞くというのは、社会人が活躍するビジネスの場だけでなく、アルバイトや就職活動などでも行います。

「失礼のないように……。」と思うあまり、二重敬語を多用したり「お」や「ご」「様」などをつけて丁寧にしたりすることだけに気を取られてしまいがち。

敬語は相手への敬意を払うため大切な表現ですが、間違った敬語を使って指摘を受けたり、過剰すぎて逆に失礼となる「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」になったりなど、損をしてしまう可能性もあります。

この機会に正しい敬語表現をマスターして、就職活動やアルバイトなどで注意しながら使いましょう。

▼こちらもチェック!

 定番ビジネス敬語一覧! ビジネスで使えるフレーズ25選

・執筆:山岸りん 

短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

-------------以下リライト前-----

「お名前を頂戴できますか?」は敬語として正しい?

▼こちらもチェック!
定番ビジネス敬語一覧! ビジネスで使えるフレーズ25選

「お名前」は「頂戴する」もの?

「お名前を頂戴できますか」の言い切りの形は、「お名前を頂戴する」です。「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。
しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。「頂戴する=もらう」というのは「もの」について使う言葉で、「名前」はそうではないからです。つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。

相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは

では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。

まず、「お名前」はそのままで大丈夫。「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。

<例文>
「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」
「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」
「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」
「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」
「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」

「お名前様」や「お名前を頂けますか」にも気をつけよう

「お名前を頂戴できますか」以外にも気をつけるべき表現があります。「お名前様頂けますか?」や「お名前を頂けますか?」という尋ね方がそれです。もしかしたら、実際に言われたことがある人もいるかもしれません。
まず「お名前様」は二重敬語であるだけでなく、「名前」という人格の無いものに「様」をつけている点でも間違っています。また、「頂けますか」も「もらえますか」という意味なので、「頂戴できますか」と同様の間違いということになります。

まとめ

相手に名前を聞くというのは、ビジネスの場において基本中の基本。失礼のないように……と思うあまり、ひたすら「お」や「ご」、「様」をつけて丁寧にすることだけに気を取られると、慇懃無礼になったり間違った敬語になったりしまうので注意しましょう。

・執筆:山岸りん
短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催