現役大学生は何を感じた? 就活生のリアルを描く映画『何者』試写会レポート【学生記者】

Akane
2016/10/12
学生トレンド
あとで読む

こんにちは!上智大学のAkaneです。
2016年9月26日(木)、二子玉川にある「109シネマズ二子玉川」で10月15日(土)より全国ロードショーの最新映画『何者』の大学生限定試写会が実施されました。本作は大学生の就職活動(以下、就活)がテーマということで、私自身も就活が目前に迫っている身として興味津々。今回、学生記者として試写会とその前にあった舞台挨拶も含め当日取材してきたので、当日の様子や映画の魅力についてぜひみなさんにお伝えしたいと思います!


◆試写会当日の雰囲気

大学生限定試写会とあって、客席にいるのは私と同い年くらいの観客ばかりでした。まずは試写会に先駆け、スタッフ・キャストによる舞台挨拶から。今回の登壇者は主人公・二宮拓人役の若手俳優・佐藤健さんと原作者で作家の朝井リョウさんでした。お二方が登場すると会場は一気にヒートアップ! 佐藤健さんと朝井リョウさんは以前から友人だったそうで、佐藤健さんは「今回の映画・役についてオファーが来たときは驚きました」とコメントをしていました。


そしてここから当日のビッグコンテンツである、会場にいる学生からゲストへのお「悩み相談コーナー」へ。なんとここでスペシャルゲストとして美容家のIKKOさんも登場し、一緒に学生からの質問に回答されました。学生からは映画のテーマである就活に関連して、「自己PRが苦手なのでお手本を見せてください」などの質問や、劇中に登場する就活生たちがルームシェアをしていることから「もし佐藤さん、朝井さん、IKKOさんの3人でルームシェアをするとしたら、どんな生活になると思いますか?」などの大学生らしい質問が。それに対して3人はおもしろく、また真面目にそれぞれ答え、質問した学生へのエールを送りました。

全員でIKKOさん風に「なにもの~!」という合言葉で写真撮影も実施。



次のページ映画『何者』のあらすじは?

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催