喋るな危険! 異性との会話をストップするべき8つのタイミング

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

異性とトークをしているときに、相手の態度や状況をきちんと見極めて話を止めることも恋愛において非常に重要なトークテクニックです。そこで、今回は、異性との話を止めるべき9つのタイミングについて説明していきたいと思います。

1、相手と価値観がぶつかったとき

相手と価値観が逆行して、お互いの会話の気分がポジティブな高まりを見せていない時は、スパッとその話は止めましょう。話を続ければ続けるほど、相手の存在を否定することなり、評価が落ちていきます。

2、アドバイスをしすぎてしまったとき

気付かないうちに、相手にアドバイスをしすぎていた場合は、話を辞めて、明るくポップな当たり障りのない話題から会話をリスタートしましょう。必要以上の忠告は、異性らしさを失わせてしまいます。

3、相手からの返しがずっと一言だったとき

こちらから話題を振って、相手の答えが一言で終わり、また、こちらが質問を投げ掛け、また、答えが一言…これを繰り返している場合は、話を一旦ストップして、ゲームセンターなどの体を動かして遊べるようなゲームでリフレッシュしましょう。

4、本音をえぐり過ぎて相手が自己嫌悪に陥ったとき

本音をさらけ出すことは悪いことではありませんが、相手が自己開示した結果、過去を思い出して自己嫌悪に陥ることもあります。その場合は、場所を移動するなどして、話だけでなくその場にあったムードを断ち切るようにしましょう。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催