本日最新刊が発売! 「進撃の巨人」アニメ未見・コミックス未読の人向けにあらすじ&魅力を解説 2ページ目

天音ほのか

お気に入り!

あとで読む

★アニメ視聴済み、原作未読の方向け

【ネタバレ注意】アニメ1期後半のあらすじ

超大型巨人襲来から5年。訓練兵を卒業し、明日から希望の兵団で任務に就けるという日に、またも出現した超大型巨人によって再び扉が破壊されました。一緒に調査兵団に入団しようと誓った同期が目の前で捕食されるのを見たエレンは、我を失い単騎行動に出た結果巨人に片足を食べられてしまいます。一人で行動するエレンを追う同期が次々と食べられていく中、呆然と立ち尽くすアルミンもまた、巨人に捕食されようとしていました……そこにエレンが現れ、アルミンを助ける代わりに自分が胃袋へと納められてしまいます。巨人の胃袋の中で巨人の力に目覚めたエレンは15m級の巨人になり、次々と巨人を倒していきます。

目を覚ましたエレンは駐屯兵団に殺されかけるも、ピクシス司令の判断により命を取り留めます。その後、アルミン立案の作戦によりトロスト区の奪還に成功。リヴァイ兵長がエレンを監視するという名目で調査兵団・リヴァイ班に所属することになります。そして行われた第57回壁外調査で知性を持った巨人・女型の巨人に遭遇し、一時は捕獲に成功しますが、自らを無知性巨人に食わせ証拠を隠滅し、逃走。逃走した女型は同じ巨人化能力を持つエレンを攫うためにリヴァイ班に襲いかかり、リヴァイ班メンバーは命を落します。最後に残ったエレンは巨人化し戦うも圧倒的な戦力の前に倒れ、さらわれてしまいます。そこに現れたリヴァイ、ミカサの力でエレンを取り返すことはできたものの、その損害は大きいものでした。

様々な状況証拠から女型の正体を推定したとき、犯人として名が挙がったのはエレンに格闘術を教えた同期のアニ・レオンハートでした。エレンや兵士の力でアニを捉えることはできましたが、拘束する直前で結晶化されてしまい、巨人の目的について何も聞き出すことができませんでした。そして、戦いの際に崩れた壁の中から大型巨人が発見されるのです……。

■アニメの次は漫画も!

「アニメは見たけど原作漫画は絵が親しみづらいから……」という理由で敬遠している方も残念なことに少なくないと思いますが、正直本当に損をしていると思います! 個人的に、立体機動装置でのアクションやキャラクターの心情描写はアニメ。巨人の不気味さや知性巨人同士のアクションシーンの迫力、何より作品の醍醐味とも言える"絶望感"は漫画の方が魅力的だなと思います。

まず、巨人が不気味に見える理由の一つに挙げられるのが、絵柄。作者の諫山創が「パクった」と公言しているアダルトゲーム「マブラヴオルタネイティヴ」の制作スタッフ陣とのトーク番組「覆面座談会 in ニコニコハイヴ」に出演した際、吉宗鋼紀にヨーロッパの宗教画のような怖さがある絵の雰囲気と指摘され、意識していると答えた上で「ナウシカのオープニングの悲しい音楽をバックに人類滅亡の絵巻図を見せられていくっていうのがトラウマで、ああいうところからもパクらせていただきました」と語っていました(マブラヴについては次回の記事で詳しく言及していきます)。

次に知性巨人同士の戦闘シーン。2012年05月03日に自身のブログにて「どこにでもいる学のない厨二患者の「ウルトラマンがMMA(総合格闘技)する話描きてえな~」って妄想が最初の動機で始まった話で……」と述べている通り、作者は大の格闘技ファン。戦闘シーンにはかなり力を入れています。ネタバレになりかねないので詳しくは書けませんが、第44話「打・投・極」は顕著にそれが表れていると思います。

そして最後に作品の醍醐味とも言える"絶望感"。これは諫山先生の演出方法によるものが大きいかと思います。たとえば、第2話。瓦礫の下敷きになっているエレンの母・カルラを前に「この巨人をぶっ殺してきっちり3人とも助ける!」といい、巨人に立ち向かうハンネス。何かを覚悟したかのような目をした後、力強くブレードを握るコマがページの最後に描かれています。普通の漫画だったらここでハンネスが戦い、全員生き延びるか、死ぬかという展開が来ると思いますよね? ところがページをめくると、突然不気味な笑みを浮かべた巨人の顔が現れます。そして先ほどまでと打って変わって恐怖の表情に変わったハンネスはエレンとミカサを抱き、カルラを置き去りにしてその場を離れてしまいます。「そんなに生々しい対応する?!」とつっこみを入れたいところです。

この漫画は基本的に、少しの光を見せておいてページをめくると一瞬で最悪の状況に転じているというパターンが多いです。言わずもがな、絶望感は二倍にも三倍にも膨れ上がりますよね。これほどまでにページをめくるのが怖い漫画が他にあったでしょうか……。

■アニメ一期はコミックス1~8巻。アニメのおさらいもできる!

現在コミックスは1巻につき429円(+税)で販売されているので、3706円でアニメ一期のおさらいができちゃいます! また、7巻以降は通常版・初回限定版の二種類が販売されていおり、初回限定版は、漫画の他におまけでポストカードやDVD、フィギュアなどが付いてくる形になっています。今まで出たものは下記。

7巻・海洋堂制作による全高約13cmの超大型巨人フィギュア
8巻・ミカサの立体機動キーホルダー
9巻・リヴァイの立体機動キーホルダー
10巻・エレンの立体機動キーホルダー
11巻・シール4シート+3Dポストカード2枚
12巻・アニメ本編では放送されなかったコミックス第5巻特別編「イルゼの手帳」のアニメDVD
13巻・第104期訓練兵団編のアナザーストーリーを新作アニメ化したDVD
14巻・エレン、ジャン、アルミン、ミカサ、クリスタらの活躍を描いた完全新作アニメDVD
15巻・リヴァイとエルヴィンの出会いを描くスピンオフ作品「悔いなき選択」オリジナルアニメDVD前編
16巻・リヴァイとエルヴィンの出会いを描くスピンオフ作品「悔いなき選択」オリジナルアニメDVD後編
17巻・関西弁版1巻+9枚組クリアしおり
18巻・「エレンサンタ服ver.」のねんどろいどぷち
19巻・52枚の特製ポストカード+ポストカードケース
20巻・auスマートパスに掲載されていた小説を収録した64ページの小冊子

毎回、発売後すぐに完売してしまうので気になる方はぜひ予約を! 以前「完売しちゃったけどやっぱりほしいな……」と、某フリーマーケットアプリで探してみたところ、定価の3倍ほどで取引がされていました……どうせ買うなら書店で買って作者さんにお金が行くようにしましょう(笑)。

いかがでしたでしょうか? 興味はあったけれどアニメも漫画もノータッチという人は、来年春までにアニメ一期を見て二期に備え、アニメは見たことがあったけれど漫画は……という人は、春までに漫画を読んで二期の内容を先取りしちゃいましょう! ちなみに、8月20日は最新刊である20巻の発売日です。19巻までの謎やキーワードのまとめ、私なりの考察を中心にした記事を後日公開する予定なので、コミックス派の方はぜひこちらも見てくださいね。

文・天音ほのか

2

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催