プロに聞いた、今すぐ始めたくなるボルダリングの魅力3つ

編集部:はまみ
2016/08/03
入学準備・新生活
あとで読む



2020年の東京オリンピックの競技にも採用されるなど、非常に注目されている「ボルダリング」。これはフリークライミングの一種で、最低限の装備で岩などを登るというスポーツです。「始めてみたい」という学生の方も多いのではないでしょうか。今回は、練馬区早宮にあるボルダリングジム『クエール・クライミングジム』の上倉享さん、永野文大さんにボルダリングの魅力などを伺いました。

■男性のプレーヤーが多い!

――非常に注目されているボルダリングですが、競技人口はどれくらいなのでしょうか?

上倉さん 現在、50万人から60万人くらいだといわれています。ただこれは今まで積み重ねてきた数字であって、ここ1、2年で急激に増えたという印象ではないですね

――ボルダリングジムも増えてきていますか?

上倉さん 私のイメージだと、7、8年くらい前からジワジワ増えている感じですね。

――ボルダリングジムで楽しまれている人も多いかと思いますが、どれくらいの年齢の方が多いですか?

上倉さん 『クエール』だと30代の男性が多いイメージです。非常に熱心に取り組まれていていますよ。他には大学生など、20代前半も多く、女性よりも男性の方が多いですね。

■最低限の道具で楽しめるボルダリング

――ボルダリングは必要な道具が少ないのも特徴とされていますが……

上倉さん そうですね。ジムで登るのでしたら、シューズと滑り止めのチョークだけです。クエールでは無料のチョークを用意しているのでシューズさえあればOKです。

――ボルダリング用のシューズは普通の靴と比べてどのような点が違いますか?

永野さん 壁に掛けやすいように爪先が尖っていたり全体的に「への字」に曲がっていたり普通の靴とは形がかなり違っています。

――確かに一般的な靴とは大きく異なる形状ですね。専用のシューズは幾らぐらいでそろえられますか?

上倉さん 一般的に1万5,000円-2万円くらいの価格帯です。高いものだと2万円を越えるシューズもありますね。

――専用のものですので、安くはありませんが、シューズだけで始められる手軽さは大きな魅力ですね。

次のページまだまだある! ボルダリングの魅力とは

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催