​感謝を伝えるとき「ありがとう」か「すみません」どっちを言う? 大学生に聞いてみた

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む



飲食店で店員さんになにかサービスをしてもらったときや、なにか人から親切にしてもらった際にはお礼を言いますよね。お礼をいうときの言葉としては「ありがとう」が一般的ですが、「すみません」という言葉もよく聞きませんか? 大学生はお礼をいうときどちらの言葉を使うのが一般的なのでしょうか。今回は現役大学生のみなさんに誰かにお礼をいうときに「ありがとう」と「すみません」どちらのほうをよく使うか聞いてみました。

■誰かにお礼をいうときにどちらの言葉を使いますか?

ありがとう 316人(78.6%)
すみません 86人(21.4%)

大学生のなかではお礼=ありがとうという言葉を使うことが一般的なようです。でもなかにはすみません、という言葉をつい使ってしまうという人も。理由を見てみましょう。

■ありがとう派
●言っても言われてもうれしい

・ありがとうの方が言われてうれしいから(女性/19歳/大学1年生)
・私がありがとうと言われてうれしいから(女性/20歳/大学2年生)
・ありがとうの方が自分が言われて気持ちいいから(男性/24歳/大学4年生)

●感謝をするときはありがとう

・謝るより感謝したほうがいいと個人的に思っているから(女性/23歳/大学院生)
・ありがとうの方が感謝の気持ちが伝わると思うから(男性/21歳/大学3年生)
・一番気持ちがストレートに伝わるから(女性/22歳/大学4年生)

●すみませんは謝罪するときに

・すみませんだと謝罪っぽい(男性/23歳/大学院生)
・すみませんだと相手がいい気分にならないと思うから。「なにか謝らせるようなことした?」と気にしてしまうと思ったから(男性/19歳/大学院生)
・「すみません」は謝る時に使う言葉のイメージで、せっかくの好意を素直に受け取っていないような気がするから(女性/21歳/大学2年生)

ありがとうという言葉は言われる側も言う側もうれしいものですよね。すみませんは謝罪をするときにも使われる言葉。感謝をするときはありがとうが一番適しているという人が多かったです。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催