​感謝を伝えるとき「ありがとう」か「すみません」どっちを言う? 大学生に聞いてみた 2ページ目

学生の窓口編集部
2016/08/01
学生トレンド
あとで読む
■すみません派

●つい癖が出てしまう……

・本当は「ありがとう」と言いたいけど、申し訳なさから、つい「すみません」が出てしまう(女性/20歳/大学2年生)
・つい「すみません」が先に出てしまう。そのあとで「ありがとうございます」を付け足す(男性/19歳/短大・専門学校生)
・昔から「すみません」という言葉に言いなれているから(男性/22歳/大学院生)
・目上の人などには自然とすみませんが出てしまうから(女性/21歳/大学3年生)

●申し訳ない気持ちが

・相手の自分に対する行動に申し訳なく感じるから(男性/20歳/大学2年生)
・先輩に対しては申しわけないという思いから、よく「すみません」と言ってしまうから(女性/18歳/大学1年生)

言葉は慣れ親しんだものがとっさに出やすいもの。つい口癖ですみませんという言葉が出てしまうという学生もいました。

いかがでしたか? 感謝をするときの言葉。大学生のなかには「ありがとう」派のほうが多いという結果になりました。どちらにせよ、誰かに助けてもらったときは素直にお礼をいえることが大切です。あなたはありがとうと、すみません、どちらを使いますか?

文:学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2016年7月
調査人数:大学生男女402人

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催