​地方ポケモンマスターにはわかる! 地方ならではの「ポケモンGO」あるある4選

学生の窓口編集部
2016/07/30
学生トレンド
あとで読む



「ポケモンGO」が日本でリリースされて早1週間。すでに「飽きた」という声も聞こえてきますが、まだまだ日本全国でブームは続きそうですよね。そんな「ポケモンGO」、首都圏と地方の格差も話題になっています。今回は地方住みの大学生に地方ならではの「ポケモンGOあるある」を聞いてみました。

●ポケモンが出てこない

・田舎はズバットしかほほ生息していない(男性/19歳/大学2年生)
・コラッタとポッポばかりでる(女性/22歳/大学4年生)
・ポケモンが出ずボールだけたまる(女性/19歳/大学3年生)
・レアポケモンの遭遇率が低い(女性/20歳/大学2年生)

●モンスターボール枯渇問題

・ポケストップがないのでボールが底をつき、モンスターを素通りするしかない(男性/19歳/大学1年生)
・モンスターボールがなくて捕まえられない(女性/20歳/大学3年生)
・モンスターボールを集めるのに必死(女性/23歳/大学院生)
・モンスターボールがなくなってやることがなくなる(女性/24歳/大学院生)

●一定スポットに人が集まる

・少し栄えている駅の近くの湖にストップがいくつか固まっていて、毎日お祭りのように夜中まで人が集まっている(女性/21歳/大学4年生)
・ここが穴場だ! とわかると、人だかりができる(女性/21歳/大学3年生)
・人が集まりすぎて、人とぶつかる(女性/19歳/短大・専門学校生)
・ポケストップに異常なまでの執着(女性/18歳/大学1年生)

次のページこんなあるあるも!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催