上智大ジャズ研部員が選ぶ、ジャズ入門におすすめの名盤5選【学生記者】

喬之介
2016/07/21
学生トレンド
あとで読む

こんにちは。上智大学の喬之介です。
大学生のみなさんは、ジャズって普段聴く機会ってありますか? ジャズといえば、喫茶店やバーで流れているオシャレで敷居が高い音楽、あるいは古臭い音楽だと思われがちですが、違うんです。本当はとってもアツい音楽で、多くの大学生に好まれるようなキャッチーな曲もあります。今回は、大学でジャズ研に所属する私が、今までロックやポップスばかり聴いてきた人も新鮮味を持てて、かつ聴きやすいジャズの名盤を紹介します。

1. Moanin'(1958) Art Blakey & The Jazz Messengers
https://itunes.apple.com/jp/album/moanin-remastered/id725816184

■イチオシポイント
発売当初、日本でファンキージャズブームを巻き起こしたこの1枚は、日本で最も著名な作品と言っても過言ではないでしょう。この作品の魅力は誰が聞いても楽しめるわかりやすさにあり、アルバムの名前にもなっているリード曲の「Moanin'」は聞いたことがある人も多いはず。軽やかなピアノから始まる冒頭部分が終わると、各々のソロに入っていきます。ソロでは個性的な演奏者同士がコールアンドレスポンスをし、耳に残るフレーズを連発します。とても聴きやすく、ジャズ入門者にとって最初の1枚にぴったりです。

2. Cookin' (1957) Miles Davis Quintet
https://itunes.apple.com/us/album/cookin-miles-davis-quintet/id825058885

■イチオシポイント
ジャズの帝王と称されるマイルス・デイヴィスのアルバムから1枚選んでみました。マイルス・デイヴィスは1950年代後半から1960年代にかけ、モードジャズを完成させたり、晩年にはエレクトロニックなサウンドを取り入れマイケルジャクソンのカバーをしたりと、いつの時代も新しい音楽を開拓し続けたトランペット奏者なのですが、今回は一般にジャズと思われているようなジャンルから選びました。1曲目の「My Funny Valentine」はのちほど紹介するジャズピアニストのレッド・ガーランドによってコロコロと奏でられたピアノイントロから始まるバラードです。ただ、2曲目以降はテナーサックス奏者のジョン・コルトレーンも参加しており、激しい曲調で展開されます。バラード、ミディアムテンポ、アップテンポの曲がバランス良く収録されているので、いろんなジャズを聴きたい人におすすめです。

次のページ他にもある! 初心者におすすめのジャズ

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催